MIXTAPE GENERATION: 2006年12月アーカイブ

2006年12月アーカイブ

December 24, 2006 11:03 PM

エクスペリエンス

あぁ時間ない。独り身の僕がこんなだったら、一人や二人付き合ってる人がいる人や、毎週お友達とショッピングにいったりボーリングに行ったりカラオケに行ったりする予定のある人はどうやって時間を作ってんだ?
いやね、「忙しい」とか「時間がない」なんて、僕レベルの人間が言ってはいけないとは思ってますよ。ただ単純にもっと時間が欲しいだけです。自分のスキルやキャパが足りないってとこに起因するわけだし。

いろんな人と話したい。いろんな景色を見たい。いろんな本を読みたい。いろんな映画を見たい。いろんな勉強をしたい。もっともっといろんなことを吸収したい。

先週、東京に行ってそんなことを何度となく思ったんですよね。インドア好きの僕が言うのもなんですがね。
別に東京に行ったのは初めてじゃないし、東京だからこそそこまで強く感じたってことでもないんです。
単純に違う土地で見たことや感じたことが自分にとっては刺激的だったんですよね。
でも、やっぱり東京が世界で有数のビッグシティだったってことは、多少はあの街に行ったからこそ感じれた何かもあるかも知れませんね。特に、ITとかWebに携わる仕事をしている者にとっては。

今回、東京に行ったのには大した理由はありませんでした。まぁ強いて言うと、新宿都庁がホントに巨大ロボなのか? っていうことを確かめたかったのと、Buddhistsonのイベントがあったってことだけど、ダッセー言葉になっちゃうけど、単純に刺激が欲しかったっちゅうことですかね。

僕は年齢の割には実務経験は少ないけど、それなりにいろんな現場を経験してきました。
で、最近よく思うことがあったんです。仕事なんてやってればそのうちできるようになる(もちろん真剣に取り組んでいればの話だけど)。
それよりか、仕事以外の経験・体験からしか吸収できないものを積極的に求めることが大事なんじゃないかと。

そりゃすごく難しいことですよ。毎日家に着くのは23~24時過ぎ。もしくは徹夜。休日出勤なんて当たり前。プライベートなんてありゃしないって人はたくさんいますよね。
でも、それでもね、無理矢理仕事以外の時間を作るんです。さらに体力的、時間的に厳しくなるだろうけど、それでもルーチンを打ち崩す何かを取り入れるんです。

実際ね、僕の周りにも何人かいるんですよ。超フットワークの軽い人たちが。23時とか24時とかから何かしようとする人たちが。飲みに行ったり、レイトショーを観にいったり、家でDVDを観たり。何なんだ、このパワーは!? と思ってました。そんな到底真似のできなそうにない生活を繰り返す人たちなんて、所詮僕とは違うタイプの人間なんだと思ってました。

そんな人たちと話すとね、おもしろいんですよ、やっぱり。バックボーンに裏付けされた深みがある。その内容が正しいとか間違ってるってことじゃなくってね。
そして、その人たちも実は意識的にそういう時間を作ってたりしてることがわかったんですよね。そりゃ単純に生まれ持ったスペックの違いや特性の違いによる適性というものはあります。しかしそれとは関係なく、やっぱり多少意識して、無理して新しいものを吸収しようとしてるんですよ。

人が僕の性格をどういう風に見ているかはわからないけど、自分ではあまりそんな生活を送る適性が高いとは思えません。それでも僕はいろんなものを吸収したいと思ってるし、そうしなきゃいけないんじゃないかという必然性も感じてます。あくまで僕の人生においては。

これでもそれなりにあまり排他的にならずにいろんな意見を聞いていきたいと思ってるんですよね。だから自分のイデオロギーをしっかり持った上で、自分のそれとは違うものを持った人の意見に純粋に興味があるんですよ。そう思ってんだけど何かいつも誤解......まぁいいや。このことについては人との関わりの中で僕がいつもストレスに感じてるところで、このブログで何度となく書こうとした題材なんだけど、とても建設的な意見に落とし込める自信がないので、いつかまた書こう。

まぁとにかくそういう意味でも、東京でまず行ってみたかった靖国神社に行って参りました。政治的に強い意味を持つあの場所で、簡単に言うところのリベラルという自分のイデオロギーをしっかり保てるのかと。違う時代、遠い場所のことを何も知らないくせに、離れた場所から、「参戦!」「反戦!」なんつって叫んでても説得力ないでしょ。

靖国神社、イメージでは超キャラの濃いこの場所。境内はそんなに大したことはないんです。単純にあぁ貫禄あるなぁってぐらい。
でもね、800円くらい払って入る遊就館という資料館はハンパない! 完全に振り切ってる。超右。ここ、確固たるイデオロギーを持ち合わせてない人、またはどっちかに偏ってる人が来ると完全に何かが覚醒しますね。ヤバい。そりゃ隣国も怒るっちゅうもんですよ。
単純に日本の歴史、そしてあの戦争を知る上ですごく大切なこともたくさん知ることができますけどね。境内や資料館を訪れているおじぃやおばぁの背中を見ていると、何か悲しい気持ちになりました。僕らが単純に右や左や参戦や反戦や言ってるのとはわけが違いますから。
いやぁ貴重な体験でした。そして、リベラル、保てました。

あとはね、あまりこれと言って行きたい場所もなかったんで、東京ベタツアーを敢行しましたよ。だって今どき東京にしかないブランドとかも少ないし、インターネットで大概手に入りますやん? 言うても普段そんな超ど田舎で生活をしているわけじゃないし、そこまで興味をそそるもんはないですよ。だからベタすぎて恥ずかしくてなかなかいけない場所に行っておこうかと。
都庁、表参道ヒルズ、東京タワー、秋葉原。どこも超短い間しか滞在しなかったけどね。人が超多いんですもん。表参道ヒルズは安藤忠雄建築って以外は興味がなかったんで、中をちょっと見て終わり。東京タワーは大きさにかなり感動したけど、展望台に登るのは長蛇の列を見て諦めた。やっぱ一番テンションが上がったのは都庁かな。

都庁はね、ちょっと行ってみたかったんですよね。いろんな意味で。
金曜の仕事終わりに梅田から直で夜行バスに乗り込み、翌日の5時には新宿に着いちゃった僕は、さすがにそんな時間に友達を呼びつけるわけにはいかず、でっかいリュックを背負って新宿周辺を2時間半ほど探訪しましたよ。歩くの超好きだし、楽しかった。
歌舞伎町あたりは本当に朝の5時か? ってぐらい人がいて、みんな酔ってる。ゲロ吐いている人、超多いし。ホスト、ギャル、サラリーマン、学生、B-boy、Punks。ありゃカオスです。
で、フラフラフラフラ、気の向くままに長いこと歩きまわっていると、朝靄の中から超巨大なビルが眼前に。東京都庁。超カッコいい。しばらく眺めてましたね。都庁の下を徘徊するホームレスとの対比がまるで日本の縮図のようだった。
しかし朝方のこの街を見ていると、来日したバンドがインタビューでよく「トーキョーはまるでブレードランナーの世界だよ!」なんて興奮ぎみに言ってるのがわかる気がした。
そして、都庁、ありゃ完全にロボだね。マジで。

あと、大きく印象に残ったのは、やっぱりBuddhistsonのライブですね。もう全てが最高だった。
初ワンマンのイベントということで、Buddhistsonワールド全開。映像との相性も抜群だったし、禁煙だったり、子どもはフリーで入れたり、お菓子が並べられていたり、楽曲の素晴らしさ以外でも、バンドのアティテュードが反映された素晴らしいイベントだった。バンドの人もスタッフも他のお客さんもみんな幸せそうな顔をしていた。
同世代の人たちがこんなに素晴らしいものを作り上げていることが羨ましかったし、嬉しかったし、悔しかったし、どちらにしろパワーを貰えたという感じです! 音楽、そしてアートって良いです! アートなんてそんなに難しくて高尚なもんじゃなくて、ただ感じればいいんじゃない?

僕、散々このブログでこのバンドの名前を出してるけど、残念なことにそれほどガッツリ良い反応がもらえてなくて、最近周りにプレゼンするのも諦めてたんですよね。結構プレゼンするのは得意なんだけどなぁ。そないに難しい音楽だとは思わないんだけどなぁ。エンヤ meets ロックってとこでしょうかね? みんなエンヤ好きでしょ?
Buddhistsonを聴いてるとね、それが都会なのか、海なのか、山なのか、空なのか、宇宙なのか、青空なのか、雨なのか、雪景色なのかはわからないけど、みんながそれぞれに思う一番美しい景色が目の前に広がると思いますよ。ライブを見てもらったらわかるんだけどなぁ。神懸かってるよ。

まぁもういいよ、このバンドがそんなに広まらなくても。個人的な音の好き嫌いによるものならそれは仕方ないし、古いとか新しいとか、邦楽とか洋楽とか、カラオケに入ってるとか入ってないとか、チャートに入ってるとか入ってないとか、あの子が聴いてるからだとか聴いてないからだとかで音楽の良し悪しを判断する人たちには、Buddhistsonの音なんて届くわけないもん。
Buddhistsonにはそんなのとは関係のないところで、今のペースでいいから、ただただずっと素晴らしい音楽を作り続けてってほしいですね。

んなわけで、Buddhistsonのライブ終了後、夜行バスに揺られ月曜の朝7時に大阪駅に到着。急いで家に帰ってシャワーを浴びて、仕事に向かいました。
それがね、以外かも知れないけどすごく清々しい気持ちで日常へ戻れてね。具体的にはわからないけど、何かを吸収できたんやろうね。
何より、今回なかなかの強行日程の中、あまり悩むことなく軽い気持ちで東京に行けたということが自分の中では大きかったのかなぁと思います。フットワークが軽くなった。これからもこの調子でいけたらいいな。

「KOZZY、無理してでも東京に行くべきや」と言ってくれ、結果的には仕事まで引き継いでくれた上司や、一泊させてもらい、俗っぽさが皆無のくせにベタベタな東京ツアーに同行してくれた女将。Thanxxx。

December 3, 2006 11:04 PM

お笑い観、合いませんね。

『ガキ使』のDVDの第8弾を見ました。あの番組、製作サイドを含めて、日本のお笑いシーンの頂点だと思います。

そういや、誕生日プレゼントとして友人にもらった何かを録画したDVDの内容が、○○○○○○で配信されている****だったことが判明。
最近多忙な故に疲れ気味な私は、なかなか誕生日プレゼントに手をつけられずにいて、やっと今日になって開けてみるとその内容。遅ればせながら、友人のセンスに脱帽です。しかも女子。......尼崎、恐るべし......。

そして『働くおっさん劇場』、おもしろ過ぎです。あれは静かな革命です。早く事の重大さに気づいてほしいです。
あれがわからない人、僕とお笑い観、合いませんね。桜塚やっくんがおもしろいって人と同じくらい合わないですね。残念。けど、関ジャニはおもしろいよ。

昨日、『スマステーション』のキムタク特集を見て、改めて彼のカッコ良さを再認識。なんやかんや言うて、彼はカッコええですよ。僕は、『若者のすべて』と『ロンバケ』と『ギフト』と『HERO』の彼が好きだな。もう全ての動作がカッコええですね。私には勝てるとこなんてございません。いや、笑いのセンスだけは勝ってるな。いやでもね、世の中の女子にはあれくらいのレベルがちょうどいいんですよね~。さずがその辺もわかってらっしゃるわ。
クリスマスには、あんなFineな顔面がプレゼントされたいですね。

ガンバ大阪、レッズに負けました。結果、年間3位になっちゃった。でもありゃ仕方ないね。ホームの浦和はサポーターの数が6万人を越えてたからね。Jリーグもようやくここまで来ましたよ。まだまだですけどね。Jリーグ各チームのホームスタジアムでもそれくらい動員できれば、もっと日本のレベルは上がるんだから。

そんな裏で、横浜FCを悲願のJ1昇格へ導いた城選手が引退しました。日本代表からJ2まで、山あり谷ありのそのサッカー人生を、気持ちいいまでに走り抜いた彼はカッコ良かったです。
その城選手と同年代の横浜Fマリノスの奥選手は戦力外通告を受けました。奥選手は僕の小学校、中学校の先輩で、当時からスター選手で僕たちの憧れの存在でした。
サッカーに詳しい人ならご存じかと思いますが、奥くんは、ジュビロ磐田や横浜Fマリノスをリーグ優勝に導いた立役者でもあり、Jリーグベストイレブンに3度選出され、U-19、U-20、A代表の経験者でもあるんです。素晴らしい選手です。
今回の件について、横浜Fマリノスのフロントが大批判されていますが、奥くんはそんなことは気にしてなさそうな気がする。マイペースに、余裕の顔で、何か新しいことをやってくれそうです。もちろん選手としてまだまだやれるし、やってほしいけど、どんな道に進もうが、奥くんは我等尼崎のサッカー少年にとって永遠のスターなのです。

PUNKSPRING07の開催が決定しました。どうやら、NOFX、JIMMY EAT WORLD、THE TOYDOLLSなんかは決定のよう。NEW FOUND GLORYの出演の噂もある。良いね~。超大好きなバンドばっか。NOFX、JIMMY EAT WORLD、NEW FOUND GLORY(来るかわかんないけど)なんて何回も見てるけど、それでも超見てーよ。
JIMMY EAT WORLDと言えば、なんと氷室京介が彼らの"Pain"という曲をカバーするそうで。僕にとってかなりの衝撃でしたよ。氷室京介とJIMMY EAT WORLD......よう接点がわからん。まぁジャパニーズ・ロックの大御所はいい耳してるってことにしておこう。あとAFIのカバーもあるそうで。こちらは少し関連性が見出せるね。どっちにしろUSパンクが嫌いなわけではなさそうですな。
話を戻してPUNKSPRINGに。前回このイベントに参加したときは、ELLEGARDENとBEAT CRUSADERSしか興味ありませーん、みたいな、まだまだ教育が必要なキッズたちが大半を占めてたけど、311やBAD RELIGIONや今回のTHE TOYDOLLSみたいなベテランバンドをガンガン出演させて、もうちょっと思想としてのPUNKを見せてあげたいね。

※ちなみにELLEGARDENとBEAT CRUSADERS、好きですよ。ELLEGARDEN、FOO FIGHTERSのオープニング・アクトが決定したようで。いや~凄いことになってるね。

このアーカイブについて

このページには、2006年12月に書かれた記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2006年11月です。

次のアーカイブは2007年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。