Beautiful Songs - MIXTAPE GENERATION

« じいちゃん | Home | いいねいいね »

October 23, 2008 04:54 PM

Beautiful Songs

毎日毎日、衆議院の解散総選挙が騒がれていますね。連日「麻生内閣の支持率は○○%で......」とか言ってますが、あの数字はどっからとってきたんでしょう?世論って何?具体的に誰の意見なの?僕の意見は?あなたの意見は?
国はろくに情報公開しないし、マスメディアは頼りなく信用できないし、だから世論も育たないし、そもそも僕ら国民もさほど興味ないのかも。

先日、毎日放送で深夜に『映像'08「なぜ警告を続けるのか 京大原子炉実験所・"異端"の研究者たち」』という番組があった。その翌日、読売新聞に「原発計画推進に追い風」みたいなことが載っていた。

これってなかなか珍しいんじゃない?原発に関する報道は本当に少ないと思う(最近、核廃棄物の地層処分のCMをよく見ますけどね......)。僕みたいに世の中にさほど関心なく生きてると、原発に関する話はほとんど耳に入ってこない。入ってくるのは「今流行の○○特集!」「××と△△が不倫デート!」。アホか。
「そりゃ報道するほど何も進展もないし関心もないんじゃないの?」と思う人もいるかもしれない。それは違います。僕は体感した。
以前、青森県六ヶ所村の核燃料再処理施設のことを書いたとき、当ブログ史上最も多くアクセスがありました。備忘までにまとめて書いたものだったので、多少申し訳なさを感じるくらい。 どんなキーワードでその記事にアクセスされたのかを解析すると、「六ヶ所」「再処理」「核燃料再処理施設」「トイレのないマンション」など。あんな精度の記事にもこれだけアクセスがあるということは、賛成・反対を別にして、それくらい関心のある問題だというのと同時に、情報がいかに不足しているかということでもあります。 だから、とにかく情報を公開してほしい(もちろん受け身だけじゃダメ)。報道してほしい。それを受け取ってほしい。で、考えて、意見を言ってほしい。国の言うことには見え透いたプロパガンダもあるし、盲目的に反対している側の情報もあるでしょう。だけど判断するのは国民一人一人。

で、昨日、原発に関して最新ニュースが入ってきて、僕にとっては嫌なニュースだった。また原発が一個できるっぽい。こんなニュース
いくつか他の記事も読んだけど、山口県は、中国電力からの上関町で計画する原子力発電所の建設用地を造成するための申請に対し、法的な問題があるかどうかの審査をしただけのように思える。26年もの間その是非を検討し、その間に町民を賛成派と反対派に分断してしまった問題なのに。
「原発推進が国策だから」。じゃあ県の仕事なんなのか?この国の政治はトップダウンなのか?民主主義はただの多数決なのか?少数派の思いの量や質は考慮されないのか?......わからん、それが民主主義なのかも。

僕は原発の何に引っかかってるのか?
今いろいろな議論がありますね。

  • 諸外国からかけられる核武装準備疑惑
  • 二酸化炭素排出削減の疑問
  • 各オルタナティブ・エネルギーの実用性

どれに対しても、どっち側からも「バカ言ってんじゃないよ!」って意見が飛んでくる。正直、僕みたいな一般人は政治や経済や科学の専門家じゃないから、判断できないことがたくさんある。

だけど、そんな僕でもこれだけはダメなんじゃないかと思うことがあって、それは放射性廃棄物の処理問題です。前に原発に関する記事を書いてから、意見や情報を頂いたり、少しはいろんなサイトや本を読んだけど、この問題だけはまだハッキリ解決できてなく、できそうな気配もありません。
高速増殖炉やプルサーマル計画が動きだすと全て解決できるのかなぁ。地層処分によって、人間の手に余るような恐ろしい重荷を何万年も未来まで背負わせていいのかなぁ。僕だったら先祖たちを呪うね、きっと。
そうだ、そこだな、たぶん。何万年も未来まで重荷を背負わせなきゃいけないくらい手に余るものを使ってまで、今の贅沢を続けなきゃならんのかということ。

とか書いている今だって僕は電気を使ってる。
賛成派の頭のいい人。未来に重荷を背負わせることなく現代人のShitを処理できるトイレは作れないだろうか?
反対派の頭のいい人。一体どんなレベルの生活だったら、原発に頼らなくていいんだろう?わかりやすくモデルを提示してくれないかな?

そんなのを踏まえて、「原発賛成!」「原発反対!」って意見が飛び交うような状況になればいいのに。
ゴールデンでそんな番組があったらなぁ。

さて、こんなときは美しいうたを聴いて、心を静めましょう。マイ・フェイバリット・ビーティフルソング、ベスト3です。

グッドバイ / Toe──昨年のフジのホワイトステージ。あのとき、ほんとに空は白かった
Falling / Buddhistson──目を閉じると、瞼の裏に星空が広がるよ。いやいやマジで
Glosoli / Sigur Ros──ただただ美しい。例えるならエンヤ meets ロック

コメントする

この記事について

このページは、kozzyが2008年10月23日 16:54に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「じいちゃん」です。

次の記事は「いいねいいね」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。