青と黒のプライド - MIXTAPE GENERATION

« 原作原理主義 | Home | ジカン泥棒からとりかえしたジカンのつかいかた »

October 6, 2008 12:51 AM

青と黒のプライド

今、プロ野球、おもしろいっすね。阪神ファンはやきもきするだろうけど、混戦するとやっぱりおもしろい。
しかしそれにしてもクライマックスシリーズがあることで少し気分が萎えるよな......セ・パ各リーグにたった6チームしかいないのに上位3チームに日本一争いのチャンスがあるってのがどうもねぇ。ま、いろんな事情があって賛否両論なんでしょうけども、やっぱり僕はクライマックスシリーズのシステムを好きになれないな......。

今、Jリーグもなかなか稀に見る群雄割拠の混戦状態。我らがガンバ大阪はあと6試合を残して7位。トップまでの勝ち点差は6。超混戦。狙えるで~、まだまだ。
実は今年に限らず近年のJは本当に最後の最後までどこが優勝するかわからない状況が続いている。だから本当に近年のJリーグはおもしろい。

Jのレベルアップが見てとれるのが、アジア最強クラブを決定するACLでのJチームの活躍。昨年は浦和レッズが日本のチームとして初めてアジアの頂点に立ち、世界最強のクラブを決定するFIFAクラブワールドカップにも出場した。

で、今年だよ、今年。今年はベスト8にJのチームが3チームも残った。そして先日の準々決勝では浦和レッズとガンバ大阪が見事にアジアクラブベスト4に駒を進めた。そして両者は準決勝の舞台でぶつかることに。もったいないなぁ~、宿敵レッズと決勝で戦いたかったなぁ~。

準決勝は10/8、ガンバ大阪のホーム、万博記念競技場から始まります。さすがのビッグゲーム。平日にも関わらず、チケットも即完売のようです。僕はファンクラブに入ってるんで、先行で買えましたけどね。いつも一緒に応援してる友人と行ってきますよ。

こんな試合を体験してほしいんだけどなぁ、Jリーグやサッカー観戦を未体験の人に。これくらい盛り上がるであろうゲームを。そりゃ甲子園のあの応援には規模からしてもかなわないけど、サッカー観戦にはサッカー観戦の魅力があんだよね。もちろんゲーム自体の迫力やスピード感も見物なんだけど、僕的には各チーム多種多様な応援スタイルを見るのも好き。

で、敵ながら圧巻なのが浦和レッズの応援だ。サッカーやJリーグにさほど興味のない人でも、真っ赤に染まった埼玉スタジアムの映像を見たことがあるんじゃないかな。2006年の浦和レッズvs大阪戦では62,241人動員したっていうんだから、そのゲームの盛り上がりは日本のスポーツとしては最大級と言えると思います。

万博記念競技場は、J強豪チームにしてはなかなか残念(収容人数21,000人)なスタジアムなので、埼玉のようにはいきませんが、それでも遠路遥々大挙するアウェイのレッズサポーターの応援はもうハンパないだろうし、もちろん大一番を迎える我らがガンバ大阪サポーターも負けちゃあいませんよ(両者フェアに応援しましょや)。

皆さんももし、ACLや残りのJリーグでガンバ大阪のゲームを応援できる機会があれば、応援してやってくださいな。
あまりわからない人は、遠藤(通称ヤット)って選手を見ててください。ハンパないっすから。めちゃめちゃガチャピンに似てるんですから。「あ、ガチャピン、サッカーもできんだ。しかも超うめぇ」って思うね、きっと。冗談抜きでヤットは別格です。

ガンバ大阪がACLとJリーグのせめてどちらかのタイトルを獲り、阪神が日本一になる。
いいね、いいね。

おまけ:ガンバのやんちゃ坊主、ミチこと安田理大たちガンバの選手も阪神を応援してる

ワテは昔っからガンバっ子ですねん
しかし12年後のこの太りよう......
やっぱスタジアムに行くと興奮すんだよね
浦和レッズはアウェイでもこの団結力

コメントする

この記事について

このページは、kozzyが2008年10月 6日 00:51に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「原作原理主義」です。

次の記事は「ジカン泥棒からとりかえしたジカンのつかいかた」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。