MIXTAPE GENERATION: 2008年12月アーカイブ

2008年12月アーカイブ

December 30, 2008 09:01 PM

PARTY IS OVER...

2008年、いろいろありました。

2008年Kozzy的重大ニュース
  1. TENPO is burning!
  2. Kozzy、TOKYOへ行く
  3. 台風なんて、なんくるないさ〜、沖縄
  4. FUJI ROCK FESTIVAL '08
  5. ガンバ大阪 ACLアジアチャンピオンズリーグ優勝!

やっぱり大きなトピックは、勤めていた会社の解散です。解散に至る半年くらい前から、少しずつミシミシと音が聞こえていたのですが、それが脱皮する途中の殻を破る音だったのか、亀裂が軋む音だったのかを判断できず、ひたすら前者であることを信じて全員で前向きに取り組んでいたのですが、結果的には残念なことに解散という結果になりました。
僕的には、周りは後輩ばかりだったけど、やっと良い仲間に出会え、良いチームが出来そうな手応えがあったので、解散という結果はもちろんショックでしたが、みんなで最後まで手を抜くことなく厳しい状況をなんとか打破しようとしたことは、僕やみんなの今後に繋がる良い経験だったんじゃないかと思ってます。

その後すぐ、みんなはそれぞれの道へ歩いていったのですが、僕は少しだけその場に残ることにしました。そのうち2ヶ月半を東京で過ごし、そこでは、僕たちがうまくいかなかった原因や、東京で働く利点を多少見出すことができ、さらに新たな出会いもありました。
いくつになっても心が弱く、逃げ癖のある僕の場合、迷ったときは自分が嫌だと思っている道を選んだ方が、例えしんどかったり辛かったとしても結果的には得るものが大きい気がします。

Webデザイナーとしての実績としては、僕の好きなあの芸人さんやあの女優さんを起用したキャンペーンのWebサイト制作を担当でき、大きなクライアントを相手にそれなりに満足のいくものができました。その2案件に関しては、Webデザインの仕事をしてから初めて成果らしいものを得れた満足感もあり、東京やビッグクライアントに対する引け目を克服できた気もします。

そうやって夏の終わりまで必死に働いた後は、例年通りFUJI ROCKやSUMMER SONICに行ったり、香川や広島や沖縄に行ったり、キャンプしたり、本を読んだり、DVDを観たり、ガンバ大阪の奮闘に歓喜し、枯渇していたクリエイティブの泉を多少なりとも潤す活動ができたんじゃないかと思います。

で、そんな中でいつの間にか30歳になっていて、よくよく考えると昔とはいろいろ周りの景色は違ってて。いつの間にかパーティは終っていたんだな。
今年のSUMMER SONICには、僕の周りにはいつもの友達は一人もいなかったし、古くからの友人たちとの恒例イベントも減り、ある人は遠い街で新たな生活を始め、ある人は新しい名字で新たな生活を始め、ある人の大切な人はこの世界を旅立っていきました。それぞれの瞬間には少なからずの寂しさがあるけれど、恐らく、みんなそれぞれが信じるハッピーに向けての道を一所懸命に進んでるんだと思う。それでいいんだ。

僕も止まってらんないな。これから向かう場所は、みんなの向っている場所とは全く違ってて、みんなとはほとんど会うこともなくなるかもしれないけど、それでいいんだと思う。もうこんな歳なんだから、それぞれが責任を持って守るべき何かを守ることに必死に専念しなきゃいけないのかも知れないな。
ま、あくまで楽しみながら。

2008年、尼崎、大阪、東京、新潟、広島、沖縄、僕の行った場所至る所で、いろんな方のお世話になりました。本当にありがとうございました。あちらのあなたにも、そちらのあなたにも、きっと僕は何かを頂いたままで、何もお返しできていないと思います。
来年、2009年をなんとか実りある年にして、いつか皆様に恩返しのできるような人間になりたいと思います。
何卒、2009年もよろしくお願い致します。

December 24, 2008 12:31 AM

マスターピース

どうしようもない

M-1の結果ね......。優勝したNon Styleの漫才スタイルが、僕の趣味趣向とは違うってだけです。
Non Styleをおもしろいとは過去にも今にも全く思ったことはないけど、彼らのことを嫌いではないし、ずっと頑張ってきたことはある程度知ってるし、実際ウマくなったなぁと思いました。
ただただ「趣味趣向が違う」の一点です。Non Styleやキングコングのスタイルは、たぶん中学時代の僕でも笑わなかったと思います。「趣味趣向が違う」というのは、すごくシンプルな理由だけど、本当にどうしようもないことなのです。

笑い飯の結果は妥当なとこでしょうかね~。ホンマ頼むわ......。
あと、改めてオードリーのツッコミの子はいいなぁと思いました。

マスターピース

先日、オカンが言いました。「うちはコレ切らされへんねん」と。

blog20081226_01.gif

コレとは『マルちゃん カレーうどん 甘口』です。よくよく考えると、確かにうちではこのカレーうどんをよく食べてるし、実際うまいし、台所の戸棚にはいつだってコイツがスタンばっていたことを思い出しました。
要するに、『マルちゃん カレーうどん 甘口』は、僕んちの「マスターピース」だということです。

【マスターピース】:名作、最高傑作、絶品、名人芸

トレンドとは関係なく生きるオカンの太鼓判には強烈な説得力があり、オカンにずっと支持され続けてる『マルちゃん カレーうどん 甘口』とは、なんて素晴らしい商品なんだと気づかされました。

僕はアイテム好きです。服、食べ物、CD、DVD、本、カバン、種類は様々ですが、愛おしくてたまらないアイテムが数々あります。僕の中のマスターピースたちです。

今まで、なぜそれが愛おしいのか?マスターピースだと思うのか?の問いに、「デザインが良いから」という便利な言葉で片付けてきました。
しかし、「デザインが良い」って言うけど、
食べ物のデザインって?
DVDのデザインって?
本のデザインって?
よく意味がわかりません。「デザインが良いから」とは、あまりに大きな言葉で、実際に自分でもどんなものを「デザインが良い」と思うのかをあまり考えてませんでした。面倒くさかった。

それが、デザインの仕事をしたり、単純に歳を重ねたり、ナガオカケンメイさんのデザイン観と出会って、少しづつ自分が「デザインが良い」と思うモノのキーワードがいくつかぼんやり見えてきた気がします。

しかし、まだまだサンプルが足りません。
だからサンプル集めを始めます。これからは、このブログにKozzy的マスターピースを載せてくことにします。
ただ、「こんなカバン買っちゃった~!」とか「こんなにおいしいもの食べたよ~!」みたいに、OLの自慢ブログみたいになるのは寒すぎるので、そうならないように気をつけます。

サンプルがある程度集まると、そこから何か見えてくるはずです。もちろん自分の趣味趣向が多分に含まれているとは思いますが、多くの人に共通する「良いデザイン」の条件が見えてくるはずです。
これらの実験は、僕のしたい仕事に直結するものですし、何より、より良い消費活動へと繋がります。

  • 有名人のお気に入りだから良いデザインなの?
  • エコ素材で作られてるから良いデザインなの?
  • 値段が高いからコストパフォーマンスが悪いの?

いろいろな消費活動における疑問が解決できればと思います。

December 22, 2008 04:44 PM

Shinya Suzue's Blog ―行雲流水―

December 18, 2008 11:13 PM

清々しい

いや~、気づいたら途中から泣いてたよ。なんだか清々しい気持ちだ。
ガンバ大阪 vs マンチェスター・ユナイテッド。
試合後、たくさんの友達が「感動した!」ってメールをくれた。

クリスチアーノ・ロナウド、ルーニー、遠藤など役者がしっかり仕事をし、なにより、ガンバはヨーロッパ・チャンピオン相手に最後まで自分たちのスタイルを貫いた。リスクを冒してでも攻め続けた。
こんなにも楽しくて熱いゲームを生で見てた67,000人は本当に幸せだろうな。両チームのワンプレー、ワンプレーに対するスタジアムのどよめきが凄かった。
女も男も、ちびっ子も大人も、日本人も外国人も、サッカーを好きな人もそうでない人も、ガンバファンもマンUファンも、サッカーやスポーツの楽しさ・素晴らしさを存分に感じることができたのではないだろうか。もし、多くのちびっ子があの試合を生でもテレビでも何でもいいから見ててくれてたのなら、日本サッカーの未来は明るい。

収穫はとてつもなく大きい。
全世界が注目する大会で、日本代表・アジア代表であるガンバ大阪が自分たちのサッカーを世界に存分に見せつけられたことは、日本サッカー界、アジアサッカー界にとって非常に大きな刺激になっただろう。
ガンバの攻撃サッカーは世界中のサッカーファンが想像する日本・アジアのレベルを遥かに超えたものだったはずだ。

結局5点も獲られたし、「負けたけど内容は良かった」ってのは甘さかも知れないけど、この試合から本当にいろんなことを学んだ。

  • ビビらないこと。
  • 攻めること。
  • 諦めないこと。
  • 貫くこと。
  • そして、楽しむこと。

大きな大きな勇気をもらった。
Thanxxx! ガンバ大阪!

December 13, 2008 09:59 PM

働かないマン

ロストジェネレーション

この10年くらいずっと不思議に思っていることがありまして、僕の周りの自分より少し上の世代の方から、少し下の世代の子まで、みんな口を揃えて「俺(私)の時代は、モロ就職氷河期やったから」と言います。僕自身、「なんとか就職したる!」って気合いを入れて就職活動をした経験がないので、いつもリアリティを持って会話ができませんでした。
加えて、みんながみんな「自分のときが一番厳しかった」と言うのです。いったいどの年代が一番厳しい就職氷河期を味わったのか?なぜ最高年齢差10歳くらいもある人たちが同じことを言うのか?不思議でした。

最近、プレカリアートに関する本を読んでてわかったんですが、具体的にはだいたい1972~1984年生まれくらいの人たちはみんな就職氷河期を経験しているようです。俗にいう「ロストジェネレーション」や「団塊ジュニア」と呼ばれる人たちです。72~84年生まれと言えば、まさに僕が統計をとった人たちの生まれた時代です(だいたい今26~36歳くらいの人たち)。
ある意味、みんなの言ってることは間違ってなかった。誰の世代が一番厳しかったのかはわからないけど、みんなそれぞれの事情があるだろうし、進むべき道も違うし、他の時代がどうだったかなんてことも考えないから「自分たちのときが一番厳しかった」って思ってしまうかもしれない。

氷河期を過ごしたであろうあの頃も、「景気が悪いね」だとか「仕事がないね」ってのが挨拶代わりの今でも、僕にはさほど実感がない。社会や周りの人たちに起こっていることとしての怒りや恐怖や危惧はあるのだけれど、当事者としての意識が薄い。

僕もこれからバンバン面接に落ちて、そしたら「不景気だから」って思うんだろうか。それが良いのか悪いのかわからないけど。

働かないマン

『情熱大陸』と『働きマン』を見る(読む)と、人を好きになれたり、許せたりします。勇気だってもらえます。
どちらもスポットの当て方は違うけど、どちらにせよ、あれくらいまでディテールを描くと、意図せずともその人なりの「正義」が浮き出るものなのかとよく考えます。

特に『働きマン』では、『情熱大陸』や『トップランナー』や『プロフェッショナル 仕事の流儀』みたいな時代のヒーローじゃない人にもスポットが向けらます。
それらは、例えば、自分の苦手なクライアントであったり、仕事を投げ出して逃亡したアイツなんかに重ねることができ、少しだけそいつのことをわかってあげられるような気がします。

『働きマン』は主人公が女性なので、フェミニズム的な主張があるように見えてしまうかも知れませんが、実際それがあるにせよないにせよ、バリバリ働いているにせよ適当に働いているにせよ、働いてる人もしくは働いた経験のある人なら誰が読んでも自分を重ねられるキャラクターを見つけることができると思います。
そして、あの上司、あの営業、あのデザイナー、あのクライアントのことを少しわかってあげられるかも知れない。

僕も早く働きマンに変身したくなってきた。

December 12, 2008 02:03 PM

実験

離職中の今、やたらとこのブログを更新しています。だから「よっぽど暇やねんなぁ」と言われることもあるのですが、実際、そりゃ以前に比べると時間的余裕があるからこそ更新できているというのはあるのですが、この頻繁な更新は実験みたいなものなのです。

ブログを始めて3年以上経ちました。僕がブログを始めたのと近いタイミングでブログなりSNSなりで日記を書き始めた人で、未だにコンスタントに書き続けている人は、僕の周りではほぼいなくなりました。
飽きたのか?書くことがなくなったのか?意味が見出せなかったのか?何にせよ、満足するほど費用対効果を得れなかったということでしょうか。

僕もよくわからなくなってました。終電で帰って、夜中の1時に家に着いて、何を書くことがあるのか?そこまでして伝えたいことがあるのか?ただのストレス発散か?そもそも一体誰が読んでるのか?誰も読んでなくてもいいのか?
そこで、ルーチン化した生活サイクルに取り込まれた「ブログを書く」という行為を、時間のある今、再度見直してみようと。ペースを変えたり、いろいろなアプローチをしてみようと。

それからかなり意図的にコンスタントに記事をアップするようにして、YouTubeや写真を貼付けたり、記事の中に(自分の)実名を載せてみたり、ブログパーツを貼ってみたり、今まで制限してきたことを解放しました。
考えてみれば、普通にブログをやってる人なら誰でもしてるようなことを今さらながらやってみました。Webに携わる人間としての危惧もおおいにありつつ。

今でも積極的に自分のブログをアピールする気はないですが、今までがあまりにも投げっぱなしだったようです。コメント機能が機能していないことにも半年ぐらい気づいてなかったですし、InternetExplorer6での表示が崩れてるのも知ってて放置してました。文章もやたらと長くて、文字組もそれを考慮してないし、イメージ(写真、動画)は一切ないし、何から何までが「ひとりごと」でした。
今でもこのブログは「ひとりごと」の延長のつもりですが、ブログを書く意味や費用対効果を再考するのと同時に、「ひとりごと」をどうすれば外にいる人に届けることができるのか?の実験も兼ねて、いろいろやってます(見た目にはわかりづらい実験ばかりですが)。

実験でいくつかわかったこと
  • このブログの存在を教えたわけでなくとも、見てくれている人が予想以上にいた
  • 飛躍的にアクセスが増えた
  • 「原発」というキーワードは、良いのか悪いのか、とにかくホットなようだ
  • コメント欄からは投稿しないが、メールで感想をくれるという人が多い
  • 自分のメディアを持っているということは強い

たったこれだけのことでもいろんな推測ができます。
特に、4の「コメント欄からは投稿しないが、メールで感想をくれる」というのはおもしろくて、勝手な推測としては、自分のコメントを他の人に見られることが嫌な人が結構いるのかなぁと。実際、そのような意見をもらったこともあるし。ブログのコミュニケーションツールとしての役割を担っているコメント機能は、実は多くのユーザーの要件を満たしてないのかも。
ま、そもそもこのブログは半年くらいコメント機能が正常に作動してなかったので、コメント欄から感想を送っていただいたのに僕にシカトされたという人もたぶんいます。本当にすいませんでした。
僕としてはどんな形で感想を頂いても同じくらい嬉しいので、コメントでもメールでも口頭でもなんでも結構です。

あとは、5の「自分のメディアを持つ強み」でしょうか。

  • 稚拙なイデオロギーをぶちまけれる
  • 撮った写真を見てもらえる
  • 好きなバンド、アーティスト、デザイナーを紹介できる
  • 微力ながら友達のバックアップができる
  • このブログを媒介・入口にして知り合える

など、自分のメディアを持つ利点をいろいろと再認識できました。

ま、そんなこんなで時間のあるうちは実験を続けます。
最終的には、実験結果を踏まえたサイトのリニューアルです(早急に)。

December 8, 2008 05:00 PM

笑い飯、大盛りで

『M-1グランプリ2008』、笑い飯、決勝進出。

  • キングコング
  • ザ・パンチ
  • ダイアン
  • ナイツ
  • NON STYLE
  • モンスターエンジン
  • U字工事
  • 笑い飯

決勝進出はもう7回連続だっけ?
もういい加減、優勝してくれ。というか笑かしてくれ。2003年の伝説のネタ以前も以降も、あれ以上笑った漫才を観たことがない。あの衝撃をもう一度味わせてくれ。

かつて笑い飯ファンだったと称する人が、「もうあのWボケのスタイルは古い」とこぞって言う。
全然わかってなーい!というかそんなの最初から笑い飯の本質を理解していないのさ。

笑い飯は常に進化してる。よく笑い飯が同じネタや古いネタをやってることについてネガティブな批評をする人がいるけど、それこそ漫才やお笑いの本質を理解していないよー。
古典落語はどうよ? もう100年以上も前のネタをやってるよ?
紳竜もダウンタウンも特に代表的なネタは持っておらず、常にひとつのネタにアレンジを加えながら、新しいエッセンスを付け加えて、ネタを進化させてたって言うし、同じネタとか過去のネタとかそんなことが進化してないと決めつける決定的な要素にはならないのさ。
漫才はジャズやテクノのライブと似てると思う。インプロビゼーション、アレンジ、ミックス、同じ曲でも新しい魅せ方はたくさんあるんだ。

とは言え、正直昨年の笑い飯はあまり笑えなかった。進化してようが、笑えなかったら意味がない。みんなになんと言われようと仕方ない。
だから、もちろん優勝してほしいけど、もう一度年末の日本を思いっきり笑かしてほしいんだ。

他のメンツでは、ナイツが楽しみ。まだ彼らのネタで爆笑こそしたことないけれど、いつも「うまいなぁ」と感心させられる。
M-1決勝の舞台でどう評価されるのかが非常に楽しみ。

December 6, 2008 04:59 PM

涙腺パッキン

昨日はBUDDHISTSONのライブに行ってきた。っつーかOCEANLANEのレコ発やけどね。

いかんせん現在無職で、近い将来には、尼崎、大阪を離れて遥か東の土地で暮らしたいとも思っている僕には潤沢な資金はございません。仕事をしていたときには全く気にすることもなかったあらゆるモノやサービスのお値段を気にせざるを得ないのです。
昨日のライブは2,500円。あんなに質の高いバンドを観れるのに安すぎるね。 仕事をしていたときだったら、仕事で行けないかも知らんけど一応チケット取っとこか~ってくらいのお値段。それが今だと躊躇するお値段なのです。
実際直前まで今回のライブに行くのは諦めていたのですが、どうしても復活後のブディを関西で観れるチャンスを逃したくなくて、結局前日になってチケットをとりました。

本当に行って良かった。やっぱりブディは凄かった。もう僕の中じゃ別格だ。
ブディは一曲が長いから、ライブじゃいつも演奏する曲数が少ないのが残念。昨日も"I Couldn't Even Know That"とか"On The Screen"とか聴けなかったなぁ。
その代わりに来年リリースされるアルバムから新曲をやってくれたので嬉しかった。相変わらずの美しいブディ節なんだけど、今までにも増してライブ映えするロックチューン。こりゃ来年リリースされるアルバムが超楽しみだし、間違いないし、それを携えてのツアーへの期待も高まるばかりだわ。

COMEBACK MY DAUGHTERSと同じく、BUDDHISTSONのメンバーも僕と同年代。僕は音楽はやってないけど、モノづくりの気持ちは同じだと思ってる。
CBMDやBUDDHISTSONも、僕と同じくアメリカやヨーロッパの音楽やカルチャーから強く影響を受けてると思うんだけど、これくらいの歳になって、アメリカでもヨーロッパのものでもない、かといってこれぞ日本!というものでもない、彼らにしか作れないオリジナルなモノを作れるようになった(僕はまだまだだけど)。ひたすら誠実にモノづくりに励んだ成果だと思う。
そんなふうに彼らの活動やつくるモノからはいろいろと学ぶことがあり、チカラをもらえるのです。

で、OCEANLANE。今回特にブディが観たくて来たんだけど、OCEANLANEも大好きなバンド。音源はデモCD-Rからほぼ全部買ってるし、ライブも何度か観てる。
今回久しぶりに彼らのライブを観てちょっと驚いた。女子ファン多し!ちゃうちゃう、確かにそれにも驚いたけど、めちゃめちゃライブがカッコよくなってる!
JIMMY EAT WORLDやTHE GET UP KIDSやSAVES THE DAYといった錚々たる先輩バンドのサポートアクトとして観たときより、数倍安定感があるし、ロックしてるし、楽しんでた。こんなにもカッコいいライブをするバンドになってたのか。やっぱりライブに来て本当に良かったと思った。

来年の1月7日に仲良くアルバムを同時リリースするこの2つのバンド。是非FUJI ROCK '09で観たい!BUDDHISTSONはホワイトステージ(or 夜のフィールド・オブ・ヘブン)、OCEANLANEはレッドマーキーでお願い!

そうそう、最近、涙腺のユルみがハンパない。サッカー部の引退試合でも一人泣かなかった僕。
そんな僕もオッサンになるにつれ、涙腺パッキンがバカになってきた。ドボドボ溢れ出てくる。時には涙でTシャツがビチョビチョになるくらいに(これマジ)。

そもそも昔からライブでは密かに泣いていた。なんの感情なのかわからないけど、目頭が熱くなって涙が止められない。
RANCIDの"Ruby SOHO"のイントロが鳴りだした瞬間、UNDERWORLDの"Born Slippy"のシンセのリフが鳴りだした瞬間、FUJI ROCK '07のSCAFULL KINGの復活ステージや今年のサマーソニックの311のときなんて最後まで涙が止まらなかった。どの瞬間も鮮明に記憶に残っている。
若い子に混じってオッサンが一人号泣してるのもどうかと思うが、いつまでもこの感覚は忘れたくないな。

December 3, 2008 08:46 PM

アッキーナ、ユッキーナ

30歳、無職

少し前、酒を飲みながら友人たちと話してました。

アッキーナよりユッキーナやな~

......オッサンが何言うとんねん。

そして、先日、夢にユッキーナが出てきました。

Kozzy、30歳、無職です。

ミックステープ

今日、地元の忘年会の準備で、もう2年近くは会ってないであろう友達と電話で話しました。

「Kozzyが作ってくれたテープとかCD、今でもめっちゃ聴いてるで。またなんか作ってや」という嬉しいお言葉を頂きました。ミックスしたテープやCDをあげたのはもう5年以上前だと思います。嬉しいね。ちゃんと友人の生活に根付くものを作れていたんだと実感できました。

やっぱりミックステープは僕のデザインの原点です。

blog20081203_01.jpg

アントラーズ

先日、『鹿男』というタイトルでブログを書きましたが、なんと今日から関テレの再放送ドラマ枠で『鹿男あをによし』がスタートしました。すごいタイミング。

2008年、人生で一番鹿を思った年でした。
これで鹿島アントラーズが優勝したら、ホンマに鹿漬けの年やな~。

なるトモ!

陣内が抜けてからの『なるトモ!』。当初はどうなることかと思ったけど、これが普通におもろい。
やっぱなるみは安定感あるわ。ボケれるし、つっこめるし、なにより気が遣える。たぶん真面目な人なんやろな。

散歩系

浜ちゃんと東野の『ごぶごぶ』、陣内と藤井の『藤井陣内のザ・レジェンド』、さまぁ~ずの『モヤモヤさまぁ~ず2』など、最近散歩系番組が多いです。そしておもしろい。

こういう番組って簡単そうで以外に誰でもできるわけじゃないような気がします。
前述の番組のどれもが今のところ良いバランスで番組が作れてるだけに、これからこれらの形態だけをなぞったような薄い薄い番組が増えそう。

話芸

ジュニアとケンコバの新番組『にけつッ!!』は本当にクオリティが高い。
必ずしも「話芸のスキル=お笑い力」ではないけど、カタコト外国人キャラに扮したり、餅つきしたりせずに、トークだけでこれほど笑いをとれる芸人はどれくらいいるんだろう?

コンカツ

最近、結婚相手探しのことをコンカツなんて言うみたいですが、僕の方はさっぱりです。

だけど、求職活動って結婚相手探しに似てないですか?
スカウトメールを頂いたから、単純にこの会社でいいやとは思えないし、大手広告代理店からのアプローチならもったいなから受けとこか~とも思えない。
相手が好意を頂いてくれてるから、相手が超モテ系だからってOKしちゃうと、長い付き合いの間にきっと後悔する。
年齢のこともあるんだろうけど、やっぱり次は着実に夢へと繋がる(繋げやすい)ところを探してしまう。
できることなら、自分でここと決めて自分からアプローチして決めたいねー。

ま、最近じゃ逆に流されちゃう大切さってのにも気づいてんだけどね。どんな状況でも自分が腐らなければ、どんなことも無駄にはなんないから。
自分だけの意思で決めた道だと、どうしても無意識下に自分で作った枠内だけで収まっちゃう。予期せぬハプニングに翻弄され、その中でもどうにかしようともがけば、思いも寄らなかったとこに辿り着けちゃったりするもんだ。

ま、基本的には流されず、しかし適度に流れに身を任せようって感じで行こ。

December 2, 2008 06:01 PM

KOZZYの正直しんどい

そりゃ適正ってあると思うよ。

けどね、俺は仕切ったりまとめたりする役は向いてないの!!
ディレクターやチーフみたいな仕事としてならいいんだけど、学級委員長やったり、指揮者やったり、飲み会の準備したり、旅行の計画したり、正直もうず~っとずっとホンマはしんどいねーん!俺がやらな誰もやらんからやってんねーん!
適正があるっちゅうのは、スキルがあることもさることながら、それを楽しめるっちゅうことも条件なんじゃないんかい?
滞りなくことが進んでみんながハッピーならええんですよ。それだけで僕もハッピーですよ。やった甲斐があるっちゅうもんです。
しかしね、大抵の場合は、僕の仕事っぷりや成果について批評こそされど、感謝の言葉なんてほぼないわな!しまいには影にそんな役の人間がいたことさえnobody knows......あかん、こんなん一番悲しくてダサい叫びや! 絶対口にしたくない!!気が済んだらこのエントリーを削除しよう!!!

ま、こんなことを毎回思ってる時点で、僕にはそういう適正がないっちゅうことですよね~。

このアーカイブについて

このページには、2008年12月に書かれた記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2008年11月です。

次のアーカイブは2009年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。