MIXTAPE GENERATION: 2009年5月アーカイブ

2009年5月アーカイブ

May 28, 2009 06:58 PM

GO FOR 2010!

GO FOR 2010!

昨日のキリンカップサッカー2009 日本代表 vs チリ代表。超スッキリや〜。久しぶりやな〜、こんな気持ちのいい試合。
もちろん課題は山積みやけど、前哨戦で4得点無失点は気持ち良過ぎるね。しかもあのメンバーで(ウッチー目当ての人は残念だったけど)。あれほど個々が輝いていたゲームを観たのは久しぶりだ(生で観たからそう思うのかも......)。

オランダ2部リーグ優勝&MVPを引っさげてA代表に戻ってきた本田圭佑(VVV)、同じくドイツ・ブンデスリーガ優勝を手土産に持ってきた長谷部誠(ボルフスブルク)、期待の新星18歳の山田直輝 (浦和レッズ)らの活躍は、新しい日本代表を感じさせてくれたね〜。

そして昨日は大阪でのゲームだったからなのか(そんなことはないと思うけど)、関西出身または関西チーム所属のプレイヤーが多く出場してたよな〜。
ガンバからはヤット(遠藤)、ハッシー(橋本)、山口の3人ともが出場したし、本田圭介も元ガンバジュニアユースだし、滝川第二高出身の岡崎(2得点の大活躍)、セレッソ大阪の香川、名古屋グランパスの楢崎など。まぁたまたまか。

このまま次戦のベルギーも倒して、6月6日のW杯最終予選ウズベキスタンに勝利し、世界最速でのW杯本大会出場を決めるんや!

  • blog20090528_01.jpg
  • blog20090528_02.jpg
  • blog20090528_03.jpg
  • blog20090528_04.jpg
  • blog20090528_05.jpg

欧州チャンピオンズリーグ決勝

代表戦を観て、長居スタジアム近くの王将で最高の気分で最高にうまい餃子やチャーハンを食って帰り、『ジャイケルマクソン』と『あらびき団』を観た後、フィードバックが戻ってきていた仕事をこなし、そのまま欧州チャンピオンズリーグ決勝 バルセロナ vs マンチェスター・ユナイテッドの生放送(フジテレビ、グッジョブ!)を観た。

すげぇ......。世界選抜 vs 世界選抜みたいなもんですからね。世界中のサッカーうまいやつを100人くらいを集めて、ランダムに11人と11人を選んだのと同じくらい素晴らしい選手ばかり。

ゲーム序盤こそマンU優勢に見えたけど(C・ロナウドの孤軍奮闘といった感じも)、バルセロナがエトーの得点を皮切りに圧倒的にポゼッションをとり、エトー、アンリ、メッシ、シャビ、イニエスタ、プジョルなど役者が魅せ、完全にマンUを圧倒してたね......あのマンUを。
結果、メッシが追加点を加え、2 - 0でバルセロナが優勝。いや〜、おもろかった!

ハイレベルなサッカーとスタジアムを包む熱気に圧倒され、世界の頂きの険しさを知るのと同時に楽しみもでてきた!
Jリーグのチームもあと何年かかるかわかんないけど、いつかあんな舞台に立つんだ!

悪魔の音楽

ある忌野清志郎さんに関する報道を読んでいて、失笑するのと同時に驚いた。

派手なメークと奇抜なヘアスタイルの一方で、小児がんと闘う幼児に直筆の手紙を送るという心優しい一面もあった産經新聞より抜粋

だってさ。逆に笑けるわ。清志郎さんも笑ってんじゃない?
"派手なメークと奇抜なヘアスタイル"の人が小児がんと闘う幼児に手紙を送ることがそんなに意外やったんかい。いまだにこんな考え方の人がいるとは。

ロックンロールなんて悪魔の音楽だ!ってか?

新探偵

麒麟・田村が『探偵!ナイトスクープ』の新探偵になるんだって!
そういや年末の『探偵!ナイトスクープ vs クイズ!紳助くん』でも、ナイトスクープのVTRを観てめちゃテンション上がってたもんなー。

これだけ長年続いていてファンも多い番組なので、保守的なファンって結構いて、mixiのコミュニティなんかでは「あの探偵は違うと思います」だとか「僕はアリだと思います」なんて議論がよくあるんだけど、僕は基本的にナイトスクープを愛している人なら誰が探偵になろうが構いません。カンニング竹山とか松ちゃんとかタムケンだって僕は好きさ。

寛平さんや誠さんの抜けた穴は大きいけど、ナイトスクープに新しい風が吹くことを期待しますよ。

女芸人

友近を見てると柳原加奈子はまだまだだと思います。
柳原加奈子は確かに芸達者だし、愛されキャラ故なのかあの物怖じしない度胸は素晴らしいと思います。
それほど隈無く彼女の出ている番組をチェックしているわけではないし、そもそも芸人と芸人を比べること自体おかしいのかも知れない。
だけど僕は残念なのです。柳原加奈子はある時期から成長が止まっている気がします。求められることを、まるでオペレーションのようにただただこなすだけになってきている気がします。
要はテレビタレントとして成長しただけだ。

友近は、ローカルも全国も、舞台もテレビも、アンダーグランドもメジャーも関係なく、どこでもやることがほぼ変わらない。
友近にそれができるのは、自分でそれができる環境を作ったからだと思います。ニーズに応えるだけじゃなく、周りに迎合するだけじゃなく、ちゃんと自分の芸ができる環境を守り抜き、固めてきた結果が今だと思います。
まぁ本人は単純に純粋にお笑いが好きなだけなんだろうけど。

頑張れ、若手女芸人!
生涯芸人であれ!

約一名飲み過ぎてま〜すぅ

May 26, 2009 06:22 PM

Fatty Kozzy

Fatty Kozzy

自宅で仕事をするようになって、確実に太りました。
基本的には食べる量なんて変わらないし、どちらかと言うと、会社に勤めていた頃の方が食事や睡眠に関して不規則な生活を送っていたのにさ。
こう考えると、きっと通勤でも少しはカロリーを消費してたんでしょうね。

今のFattyなボディになるまで、3つの段階を経てきました。
先日、20歳(第一期)の頃の健康診断の結果が書かれた紙を発見して、当時の体重を見てみると、今より約10kgぐらい痩せてました......。

太っちょコージー第一期は、高校を卒業してサッカー人生を終えた頃から20代前半あたりまでです。
これはさすがに仕方ないと思う。小学校から毎日走りっぱなしの生活が終ったのだから。昔はよくガリガリの体を見て「なんか貧そやなぁ。太りたいなぁ」なんて思っていたものです......。

第二期は、印刷会社に勤めだしてから前職場を辞めるまでの期間です(25〜29歳くらい)。
基本デスクワークの毎日と、今後一生続くかと思われた不規則な生活のスタートです。またこの時期にビールが飲めるようになったのも大きな要因ですよねー。

で、第三期。まさに今です。前職場を辞めてから今に至ります。
まぁ醜い!
ボディライン、甘!
この肉、何かに使えねぇ!?
久しぶりに会った人には95%言われます。「太った?」って。
先述の通り、以前よりは多少健全な生活を送っているはずなんですが、やっぱりカロリーを消費するタイミングがないんでしょうかね。歳をとって代謝も落ちてきているし。
また、僕は今まで「食」に関する興味がかなり薄かったのですが、歳をとって、なんか興味が出てきちゃったんですよねー。おいしさがわかるようになってきたのかも知れないんです。嬉しいような余計なことのような......。

筋トレはもう10年以上やってんすよ。腕立てやら腹筋やらを本当にほんの少しだけ。ファッション的にムキムキにはなりたくないし、続けることが第一目標だから、無理せず維持できるくらいの回数に設定して。

だから、ダイエットもあまり無理しないようなプランをたてようと思うんです。
もともと量を食べる方ではないのでこれ以上量を減らすとやっぱり不健康だし、トレーニングに費やす時間も今の生活だから確保できてるわけで、もし会社に勤めていれば同じだけ時間は割けない。長期的な目で、ずっと続けれるような負荷やスパンを考えたプランをたてないとねー。「ひたすら続ける」ってのは僕は得意だから。
まぁこれ以上激太りすればドラスティックなダイエット策を講じる必要がでてくるでしょうけど......。

W杯出場までもう少し!

明日は日本代表 vs チリ代表(キリンカップサッカー2009)を観に、長居スタジアムまで行ってきます。
先週のACLのFCソウル戦も、Jリーグ前節の鹿島戦もそうだし、今年に入って観に行ったガンバのゲームはことごとく負けてるので、明日はW杯予選の前哨戦と言えど、スッキリ勝って欲しいな〜。

『NNN ドキュメント '09  塀の外で見つけた居場所 罪を犯した障害者たち』

ショックなデータでした。

年間約3万人の新規受刑者がいて、そのうち7,000人が知的障害者

知的障害を持った受刑者のほとんどの犯罪理由が生活困窮で、半数近くが出所後に身元引受け人がおらず、また生活困窮から再犯(窃盗、無銭飲食など)を繰り返してしまうようです。
そして、何より、彼(彼女)たちにとっては刑務所の中の方が社会より安心して暮らせるようです。
なんか切なくなるね。悲しくなる。

こういった現状に潜む問題として、障害者の福祉へのパスポートである「療育手帳」の交付が申請主義だということや、自立支援の受け入れ先が用意されていないということが挙げられています。

最近いろいろ「社会」や「会社」や「働く」ということについて考えていると、自分が今までこうだと思っていた「協調性」や「ルール」というのは、極めて「生産性」や「効率」など経済性に基づいたものだったんだなぁと思うようになってきました。
かと言って、自己嫌悪になったり、答えが見つかったというわけではないのですが、今になって考えると、もう少し踏み入って話を聞いてやれたのかなぁと思うこともいくつかあります。
精神疾患を「気の持ちようだ」と言ったりするデリカシーと知識に欠ける人がたくさんいる今の社会の風潮も、「生産性」や「効率」を追い求めた結果なのかなぁとも思ったりして。

どんな社会が正しいんでしょう?
人間の作る社会もやっぱり弱肉強食ですかね?
手を差し伸べたいと思うのは優越感なんですかね?
血縁者とそうでない人への愛って違うんですかね?
取りこぼしのないセーフティネットなんて夢なんでしょか?
本当に難しいです。

皆既日食ツアー

どうしても行きたくなって、7月22日の皆既日食のツアー(屋久島・奄美大島)を調べていたら、値段の高さに驚き、三枝師匠よろしく「ぷぅぶぷぅぅぅ〜」なんて言いながら後ろに仰け反り倒れそうになりました。

だって屋久島や奄美大島への3泊4日で20万くらいするんすよ!Shit!!
オカンが奄美大島出身なので、普段の航空券の値段を聞いてみると、往復でも3〜7万くらいだと言っていました。
ツアー会社に頼らず、自分でいろんなルートを探ってみたけど、まぁ3泊4日なら8〜10万近くはするっぽいです。ツアー料金に比べるとだいぶ安いけど、それでも普段の値段と比べるとねぇ......。
まぁ世界中から人が集まるみたいだし、この値段でもツアーは軒並みソールドアウトしてるし、仕方ないのかな〜。

しっかし、これで悪天候で皆既日食が全く見れなかったら、大金叩いて行った人は辛いやろな〜。屋久島は雨が多いよ〜。

20万払うて雨てぷぅぶぷぅぅぅ〜

May 21, 2009 03:51 PM

Jのピッチに花が咲く

ジッと

ノーマニーなのにいろいろ楽しいイベントが重なってしまったため、moreノーマニーです。
仕事のギャラが入るまで、できる限りジッとしていようと思います。

あぁ、完全に父や母に助けられちゃってますな。本当に情けない。申し訳ない。

さぁ、どうすっべかな〜、これから。

Jのピッチに花が咲く

話題のインフルの影響で厳戒態勢のなかで行われたACL1次リーグ最終戦 ガンバ大阪 vs FCソウル戦は、1-2で負けてしまった。
あのメンバーで勝てると、また一つガンバが強くなれたんだけどな〜。惜しかった。

でも、宇佐美、やっぱスゲーよ。スタメンデビューでいきなりゴール決めちゃうんだもんね。17歳ですよ。高校二年生ですよ。

Jリーグ前節のレッズ戦でも、レッズの原口(17歳)、山田(18歳)は、日本サッカーの未来を感じさせてくれるプレーをしていたし、アントラーズの大迫(19歳)やガンバの大塚(18歳)、その他この世代には才能溢れる選手がたくさんいます。

93年発足以来、Jリーグ、または各チームが地道に蒔いた種が成長し、美しく咲き始めたよ。

また選手だけじゃなく、最近じゃ、大分、山形、新潟など、Jチームの大躍進によって地方が盛り上がっていいですね。
改めて調べてみると、J所属チーム、もしくはJ所属を目指しているチームがいない都道府県って日本にひとつもないらしいです!スゲー!自分でもちょっとびっくり。

いいね、いいね。まだまだ日本全国に蒔かれた種がたくさんあるんだ。大輪の花を咲かせるチャンスはみんなにあるんだ。
みんなで力を合わせて水をやりましょう、光を当てましょう。
きっといつかマンチェスター・ユナイテッドやバイエルン・ミュンヘンのように、世界にも認められる美しく大きな花が咲くはずさ。

Jリーグ百年構想、順調、順調。

May 19, 2009 05:40 PM

脱グレゴリ男

Happy Wedding

友人の結婚式・披露宴・二次会が無事に終わり、良かったです。
主役の二人はもちろん、その場にいた人みんなが幸せそうで、楽しくておいしい一日でした。

主役の二人、マジおめでとう!

今回、式や二次会に関するいろんなデザインを担当しました。久しぶりにWeb以外のデザインをいろいろやって、非常に楽しかったです。
フライヤーを見たいろんな人から嬉しい言葉を貰えたし、フライヤーを手に二次会の会場に入ってくる人を見ると、普段のWebの仕事じゃ味わえない僕のデザインとユーザーとの繋がりを感じることができました。

一番嬉しかったことは、友人宅にお邪魔していたとき、案内のために配るつもりだった僕のフライヤーを見つけた友人のこどもが、突然僕の手からサッと一枚抜き取り、「ボクもこれ行きたい!」と言ってくれたことです。
何を思ってそう言ってくれたのかはわかりませんが、あのデザインを見て、なんか楽しそう!と思ってくれたのであれば、そりゃ嬉しいっちゅうもんですよね(こどもをターゲットにしていたわけではないですが)。

  • blog20090519_05.jpg
  • blog20090519_06.jpg
  • blog20090519_07.jpg
  • blog20090519_09.jpg
  • blog20090519_08.jpg

Child's View

友人のこどもはカメラが大好きです。そして僕はアイツらの撮る写真が大好きです。
僕が写真を撮ってると、いつも「ボクも撮る〜!」「ワタシも撮らして〜!」って言ってくるので、簡単な使い方だけ教えて自由に撮ってもらいます。

数分してアイツらが戻ってきて撮ってきた写真を見ると、これがいいんです。なんかおもしろい。
僕なんかはやっぱり変な知識があって、いろいろ計算して撮ってしまってるんだけど、アイツらは対象物とそれを絵にすることへの興味だけで撮ってるもんね(たぶん)。

  • blog20090519_01.jpgphoto by Shugo
  • blog20090519_02.jpgphoto by Shugo
  • blog20090519_03.jpgphoto by Shugo
  • blog20090519_04.jpgphoto by Shugo

もう僕はこんな風に撮れないんだろうなぁ。

脱グレゴリ男

披露宴で隣の席になって二次会でもいろいろお話させて頂いた人がいました。
いろいろお話を聞いていると、新郎が尾瀬の山荘で住み込みで働いていたときの友人で、若い頃からバイクで日本一周(一年半をかけて)をしたり、海外一人旅を繰り返しているらしく、いろいろおもしろいお話を聞かせて頂きました。

「旅」について話していたとき、「グレゴリオ暦に従って生きるということは奴隷と同じだと思います」というお話を聞きました。要は、月火水木金土日という「与えられた時間」を一旦捨てて、太陽や月や水や風の中で「地球の時間」を感じることができるくらいの期間をかけて旅をすることをお勧めします、っつーことでした。
僕ら労働者の多くは、どうしても月曜から労働がスタートすることを基準にスケジュールを立てる癖がついてしまっています。もちろん稼がなきゃならないし、それが思想や体質に合っている人もいるし、全く悪いことでないです。
ただ、労働者カレンダーに合わせて計画した「旅行」と称する旅と、労働者カレンダーを捨てた旅というのは、僕が想像している以上に異質のもので、特別な体験だというお話でした。

哲学関連の本などを読んでいると、必ず「時間」に関する思索が行われ、それが主題となっていることも多いように思います。
ニーチェやハイデガーなんてチンプンカンプンな僕でもよく考えます。「時間」や「年齢」って何なんだろうと。
ことあるごとに「もう○○歳なんだから」って言われるし、自分でも嫌になるけどそれに捕われてしまうこともたまにあって、時間とは本当に煩わしいものだと思います。

しかし、そもそも「グレゴリオ暦」も「還暦」も「適齢期」も「成人」も「中学生」も誰かが勝手に決めたものです。それらが作られ採用される過程には、時代や宗教や政治や経済も多分に影響していて、そんな背景を考えると、周りがガヤガヤ言っていることが本当にくだらなく思えて仕方がありません。それに捕われている自分も。

おっし、あまり労働者カレンダーを気にせずいれるのは今だけだ。
まずは脱グレゴリオ暦体験ができるように頑張ろう。
目指せ!脱グレゴリ男

May 16, 2009 06:44 PM

Narrow Stairs

デスキャブの6th album。僕はデスキャブの他の作品を全て聴いているわけじゃないけど、今作はデスキャブのポップな部分が際立っているように思います。
メジャーからのリリースだからなのかアレンジが緻密で、デスキャブ風ギターポップな明るい曲も多いです。
インディロックの雄がメジャー進出後にポップになったって言うと、どうしてもセルアウト的に見られるけど、デスキャブの根幹にある人間味や思慮深さがそうさせるのか、また今作にもそれが貫き通されいるからなのか、なぜかこのバンドは嫌らしく見えないんですよね。
結局今作も相変わらずの名盤です。

Transatlanticism

デスキャブはエモやインディロックの文脈で語られることが多いけど、エモと言ってもその後スクリーモやエモトロニカに発展する類いのものではないように思うし、"インディロック"という言葉がサウンドスタイルを指すものなのかもわからない。
デスキャブとはどんな音、バンドだろう。シンプルで、深くて、そっと寄り添うよう優しさと、ときに爆発する感情。そっか、シンプル故に人間味や思慮深さが際立っているのか。ジャンルとしての「エモ」よりエモーションが際立つバンドなのかも知れない。
デスキャブ作品に共通することかも知れないけど、アルバム一枚通してひとつの物語のようです。
第7章"Transatlanticism"は圧巻です。

May 15, 2009 09:35 PM

工作 is 幸作

今、自分の名刺のデザインをしています。
連絡先を知られるのはあまり好きな方じゃないし、特に事業を立ち上げるつもりもないんですが、最近、あぁ名刺があればなぁというシチュエーションがちょくちょくあるので、遊びがてら作ることにしました。仕事やセミナーで誰かと出会ったり、友人に「ブログのURLを教えてよ」って言われたときなんかにね(こんなブログを宣伝するつもりはないですが)。

バーコ印刷、穴あけ加工、角丸加工などを含んだ凝ったデザインを小ロットでやってくれる印刷屋さんを見つけたので、ワクワクしながら毎日いろいろな試作品を作ってます。プリントしては裁断して、ケースにはめてみて、リサイズして、またプリントの繰り返し。
"ミックステープ世代"なデザインにしたいと思います。

やっぱり工作の時間は楽しいな。

名刺のデザイン

生命力

前作より轟音が減り、オルタナ感よりポップ感が強くなったように思います。
だけど決して商業路線に向かったというわけではなく、逆にお得意の変拍子も増えたように思うし、ダンサブルだったり、ドライビンだったり、楽曲の幅もかなり広がり、バンドとして健康的な成長を遂げているように思います。またこのバンドには周りの状況にも流されない芯の強さもあるように思います。
このアルバムがオリコンチャートで初登場2位になるなら、まだまだ日本も捨てたもんじゃないね。
日本ロック史に名を刻むであろう名盤です。

耳鳴り

どうせギャルバンでしょ的、もしくはギャルバンにしてはロックしてるね的な色眼鏡をぶち壊すほどのセンス、クオリティ、轟音です。
ポップだけど一筋縄ではいかないメロディーや、ストレートかつ感覚的に並べられた言葉は、ありふれた言葉ですが、まさに等身大の音といった感じです。
恋とか、友情とか、不安とか、あの頃を思い出してノスタルジックな気持ちになっちゃいます。あの頃見上げていたいろんな空が思い浮かぶ。
"東京ハチミツオーケストラ"が大好きです。

May 14, 2009 12:56 PM

BIRKENSTOCKのモンタナ

BIRKENSTOCKのモンタナ

コンフォート系サンダル・シューズの代表的なブランドと言えばビルケンシュトック。このモンタナはパサデナに次ぐビルケンを代表する人気モデルです。

ビルケンは足本来の形や機能を取り戻すため、かなりゆとりを持たせた作りになっています。
足の幅の広い僕は、大好きなアディダスもナイキもワイズに合わせて選ぶため、どうしても先が余るくらいのサイズを選ばざるを得ません。
僕はビルケンで初めて幅を気にすることなくジャストの靴に出会えたのです。

フットベッドも最高です。本革+天然コルク製のフットベッドは履けば履くほど自分の足形に馴染んでいき、その独特の形状により正しい身体機能の回復を促します。

ファッションとしても優秀です。
独特のフォルムなので使えるシチュエーションを限定しそうですが、意外にフォーマルにもカジュアルにも合わせることができます。僕のモンタナの配色は微妙なとこですが、ブラック・ブラウン系ならかなりユーティリティに使えるんじゃないでしょうか(スペシャル・エディションのホワイトも超お勧め!)。

これだけの技術とクラフトマンシップが詰め込まれたものなので、当然初期投資はそれなりに必要ですが、ソールの減りやフットベッドの交換などほとんどの傷みはリペアできるようになっていて、ずっと愛し続けることができます。

230年以上も健康と機能を追い求めてきたバックボーンに裏付けされたフォルムや履き心地は、一度体験すると病みつきになります。
ビルケンシュトックのモンタナは、コンフォートシューズのマスターピースです。

BIRKENSTOCKのモンタナ
履けば履くほど自分だけのモンタナになっていきます
BIRKENSTOCK JAPAN
www.birkenstockjpn.co.jp/product/birkenstock/

TALKING ABOUT THE ABSTRACTIONの転写プリントスウェットパンツ

blog20090513_01.jpg

転写プリントスウェットパンツと言えばTATAの定番ですが、これは5年前くらいに買ったもので、たぶん初期のモデルだと思います。

今さらですが、これ、スウェットパンツです。大抵の人は気づきません。僕は心の奥でニヤりとしている。「まさか俺が上下スウェットで仕事しているとは誰も気づくまい」と。

当然スウェットなので部屋着としても最適です。これなら急なお客さんが来ても、急いで着替える必要はありませんし。

当然プリントなので、ガンガン穿いてガンガン洗ってますが、ジーンズのような色落ちの心配はいりません。ずっと最高のヴィンテージジーンズの風合いを楽しめます(通常の衣類と同様の劣化はあります)。

多少値は張りますが、僕の経験上最低5年は確実にヴィンテージの風合いを楽しめるんですから、十分元は取れますね。

遊び心があって、ガンガン使えるヴィンテージ。
転写プリントパンツのマスターピースです。

blog20090513_02.jpg
色落ち・ダメージ具合が絶妙です

May 13, 2009 12:47 PM

What's my job?

麻生久美子祭り

なんと明日のテレフォンショッキングに彼女が登場。
麻木久仁子じゃねーよ。
もちろん武田久美子でもねーし。
麻生久美子だよ。
彼女のバラエティ出演は非常にレアだ。

最近は、『美術手帖』、『クイック・ジャパン』、『情熱大陸』でも大フィーチャーされ、後は僕の夢に出てくるだけです(誰か俺を殺してください)。

What's my job?

よく訊かれます。Kozzyの仕事って具体的に何してるん?と。

今、僕が主にやっている仕事は、Webサイトのデザイン・コーディングや、パンフレットなど印刷物のデザインなどです。
パンフレットのデザインなんかはわかり易いかと思うんですが、Webサイトのデザイン・コーディングは、こういった業界に近くない人はわかりづらいですよね。

Webサイトのデザインとは、「企業理念を表現するにはこういうテイストのビジュアルで、こんな色を使いましょう」などと提案したり、「ここにボタンがあって、商品写真はこうやって並べましょう」とかいう、Webサイトのビジュアルとレイアウトのデザインなどがあります(Webデザイナーがどこまで担当するかは案件や会社によります)。

Webサイトのコーディングというのは、先述のように決めたデザインを、皆さんがお使いのInternet ExplorerやSafariで表示できるように、XHTMLというコードに置き換える作業です。

大まかに説明しましたが、こんな今僕がやっているような作業は、いずれ誰でも簡単にボタン一つでできちゃう時代が来るでしょう。それも結構近い未来に。
今でもネット上には無料で優秀なデザインテンプレートがたくさん落ちているし、デザインをコード化する作業も、近い将来にはPhotoshopやDreamweaverというアプリケーションが一瞬やってくれるときが来るでしょう。専門家じゃなくてもある程度のクオリティを持ったサイトが簡単に作れちゃう。
これらは、僕と同じ職業の人なら大抵の人が共有できている予測・危惧なんだと思います。別に僕らのような仕事だけじゃなくって、今の時代は技術革新によって生産現場からどんどん人がいなくなってますしね。

さて、そうなったときどうしよう?次は何を仕事にすればいいだろう?
よく「Kozzyはこれからどうするん?」って訊かれるんですけど、正直わからないです。こんな時代ですもん。臨機応変に対応していかないと。仮に企業に勤めてたって、いつそれを失うかはわからないですしね。
夢やポリシーだけブレなければコンビニで働いたっていいんです(そもそもコンビニ店員も素晴らしい職業です)。

なので、『自分の仕事をつくる(ちくま文庫)』という本に出てきた、パン職人の甲田幹夫さん(ルヴァン)の

パンは手段であって、気持ちよさをとどけたいんです

という言葉には激しく共感します。

そういう意味で、今はフリーのフレキシビリティーは非常に魅力的です。その分責任も大きいけど。

よく元同僚たちともこんな話をしていて、先述のように、技術革新によって僕らが今やってる仕事がマシンに奪われたとき、君らはどうするよ?ってことを訊いてみると、みんなは、

  • 僕はレトロゲームを置いた喫茶店をやりたい
  • 僕はWebデザインの現場で得たスキルや知識を携えて、異業種コラボによって地域振興などをやってみたい

だの、現実をシビアに捉えながらも、軸はブラさず大きな視点で将来を考えているようです。
僕はみんなより少しだけ年上だからって自分の理論が正しいと思っているわけではないけど、目紛しく変化する経済や急速に技術革新が進む世の中で、みんなが自分たちの将来を窮屈に考えてるんじゃなくて、フレキシブルに考えれていることを感じ、すごく安心しました。それは単純に自分がさほど間違ってないのかもなぁという安堵なのかも知れませんけどね。

もちろん、なんとか必死に走り続けて技術革新と並走していく生き方もあるんですけど、それは努力だけで必ず実現できることではないし、それに躍起になりすぎるとどうも本末転倒なことになりそうな気がします(あくまで自分は)。目的と手段が混同しちゃう気がするんですよね。(軸をブラさず、ずっと技術革新とも並走していけそうなすごいヤツもいますよ。羨ましい!)

とにかく、楽しいことも悲しいことも時代のせいにはしたくないし(しちゃうこともあるけど)、全部自分で選んだ結果だと思いたいですね。
じゃないと楽しくないよね。

Buddhistson on Wikipedia

初めてWikipediaで新規ページ作成・編集作業というのをやってみました。
世界の百科事典であるWikipediaにはまだまだ足りないページがあり、僕の大好きBuddhistsonのページもありませんでした。
また、自分の仕事柄、Wikipediaで新規ページ作成・編集の一連の作業をしておくことは経験値として悪くないと思ったんでね。

Buddhistson on Wikipedia

作業自体は非常に簡単でした。他のWikiシステムは触ったことがあるし、そもそも簡単じゃないと人類の共有知として発展性に欠けるしね。
ただ、ある記事の誤記に誘発されて、いきなり"Buddhistson"を"Buddhiston"と誤記してページを作っちゃったけど......ちゃんと修正しました。

内容はLast.fmのブディページに載っているプロフィールをほぼそのまま転載しました。

え、著作権侵害?規約違反?そうやねん、Wikipediaはその辺の判断が非常に難しいんです。
でもね、Last.fmのブディページのプロフィールを書いたのは僕なんです。まぁそれもMySpaceのブディページにあった英文のプロフィールを、メンバーのシマさんの了承を得て、僕が和訳したものを載せてるだけなんですけど。それだと大丈夫なんかな......わからん。

いいじゃん!俺はみんなにブディを知ってもらいたいだけやねん!
まぁWikipediaの規約違反があるなら、検証しながら修正&ブラッシュアップしていくだけだからいいんですよ。
Wikiってそういうもんだし。

May 11, 2009 11:08 PM

No Wall Between the お笑い

IRAIRA

うぅぅ......おぇっ!

ホンマにイライラしたくないですね。心が疲れる。胃が痛くなる。おぇっ!
「なんとなーく」や「仕事だから」でやり過ごせるマインドになりたい。なりたくない。なりたい。やっぱりなりたくないかな......。
ボトルネックや無駄な部分が明確なのに、自分の立場上それを取り除くことができないってのは本当にフラストレーションが溜まります。おぇっ!
今は周りに同僚がいるわけじゃないし、こうやって自分が何にイラついているかを分析しないと、心身ともに不健康になっていきます。おぇっ!

『やりすぎコージー』観よ!
ブハハ!

No Wall Between the お笑い

やっぱり『やりすぎコージー vs アメトーーク』はヤバかったっすね。お笑い至上主義を貫く両雄の対決やもんな。
反則じゃん!とか、今さら目新しい何かが生まれるってこともないでしょ!とか思うかも知れないけど、それでもやっぱり代表クラスのメンバーが集ればおもろくなってまうもんですね。
Wコージーや雨上がりや千原兄弟は言わずもがな、ベテランの山ちゃん・哲ちゃんはしっかり仕事をするし、FUJIWARAもやっと正当評価されてきて、大阪時代のような力が出せてきている気がするね。

こういうテレビ局の枠を超えたコラボ、数年前に初めて観たときは衝撃を受け、これからもっとこんな番組が増えてくるんだろうなぁ、なんてテレビっ子の僕は胸を躍らせたものですが、意外にもそれほど魅力的なコラボは生まれず、やっぱりテレビは今保守的な時代なのかなぁなんて思ってました。
『スーパーサッカー』と『やべっちFC』だって、数少ないサッカー番組なんだから、たまには手を組んでおもしろいことをすればいいのにってずっと思ってた。

まぁそんな夢も儚く『スーパーサッカー』は今期から衝撃の番組縮小ですけどね。EXILEのバラエティ番組に時間を奪われるなんて......別にEXILEは悪かないけどね。TBSの決断が酷過ぎる。自分たちに長年日本のサッカー番組を引っ張ってきた自負みたいなもんはないのか......。

あぁテレビがおもんなくなっていく。
不景気な時代だからこそ、無茶してくれよ、引っ掻き回してくれよ、ワクワクさせてくれよ。

って、EXILEでバラエティ番組をするって、無茶してるか、TBSは。
まぁ無茶に飽きたら、また『スーパーサッカー』を以前の姿に戻してくださいな。

WAKUWAKU

ワクワクしてきた。僕の今月末はサッカー観戦ラッシュなのだ。
20日のガンバ大阪 vs FCソウル、24日のガンバ大阪 vs 鹿島アントラーズ、27日の日本代表 vs チリ代表。
超ノーマニーだけど、超楽しみ。

ACLの決勝トーナメント1回戦も観に行きたい!(みんな、はよ会社終って来い!)
8月のホームで迎える浦和レッズ戦のチケットもなんとしても取る!ファンクラブ会員なのに手違いで先行入手できなかったから、ローチケのプレリクと一般初日にかけるしかない!

そうそう。
コラ!! 阪神!! イッタランカイ!! イテコマシタレ!!

May 10, 2009 01:06 AM

うまき

ちゃんとしよ

この間テレビを見ていると、「鰻巻き」が出てきました。

昔から思っていました。"ガチ"で「鰻巻き」って書くんやったら「うまき」やなくてちゃんと「うなぎまき」って言えよ!って。
「鰻」やったら「うなぎ」!それかもう「う」でええんやったら「う」で行っとこ!ちゃんとしよや!

これを人に言っても、ただのサイコ野郎と思われるだけなので、特に誰にも言ったことはなかったのですが、サバンナ八木が助けてくれました。

ありがとう、八木ちゃん

お笑いデリカシー

先日の『笑神降臨』はフットボールアワーでしたが、この番組はいいですね。

広告的・マーケット的ニーズから生まれたショートネタ全盛の時代に、敢えて1芸人29分というフォーマットでいっちゃうあたり、NHKに拍手です。

で、具体的に何に感心したかっつーと、演歌歌手に扮したノンちゃんの歌う歌詞のテロップを、ノンちゃんがワンフレーズを歌い終わるタイミングにズラして流していたことです。ノンちゃんの声より先にテロップが出てしまい、ボケやオチが先にバレないようにする配慮だと思います。

お笑いデリカシーがあるね。

サッカーとイデオロギー

サッカーのロシアや中国なんかのゲームを観ていてよく思います。
共産・社会主義圏(旧も含め)の国々の選手は髪型が非常におもしろい。

襟足!
テクノカット!
メッシュ!

国による情報統制のせいなのか、西側諸国から発信されるトレンドの影響をほぼ受けてないように思います。
西側の文化なんてFuck!って感じ?

全然悪いことじゃないけどね。
ただ、サッカーの試合を観ているだけでも、いろいろおもしろいことが見えてくるんだなぁと思っただけ。

アメリカ

マイケル・ムーアの『SiCKO』を観ました。
すごくおもしろかった。すごく恐かった。

SiCKO(シッコ)はアメリカの医療問題を取り上げたドキュメンタリー映画ですが、アメリカの医療問題を切り口に、世界金融危機の発端にもなったアメリカ社会に潜む様々な闇を、マイケル・ムーアらしくポップに痛烈に描き出しています。

マイケル・ムーアはやっぱりウマいですね。日本にはない(出来ない?)ジャーナリズムの手法だと思います(でも、『たかじんのそこまで言って委員会』はええ番組や!)。緊張と緩和の落差のつけ方や抜群のポップセンスはアメリカ人特有のものなんかな。

エンドロールに、2007年に亡くなったカート・ヴォネガットへ向けてマイケル・ムーアからの感謝の言葉が入っていたけど、それを見て「なるほど」と思った。
確かに『sicko』を観た後には、ヴォネガットのエッセイ集『国のない男』の読後感に似た感覚があった。アメリカ批判、シニカリズム、ヒューマニズム、ユーモア好き、だけど結局めちゃくちゃ愛国家だったりと、実はたくさん共通点があるんだな。

マイケル・ムーアと言えば、反ブッシュ。
今年の1月にアメリカ国民は、長年続いたFuckブッシュ・共和党の時代の終焉を自らの手で選びました。
アメリカのことを「世界のリーダー」、「世界の警察」とは思っていないけど、良くも悪くもアメリカの影響力は絶大です。
オバマさん、マジ頼みますよ。

で、そろそろ日本も総選挙がありますよ。
アメリカのような選挙システムではないけれど、それでも僕らにもできることはある。
やったりましょうよ。

オバマ!

いいぞ!
オバマ!
4月5日のプラハでのオバマ大統領の演説内容が素晴らしい。

■ヨーロッパの中心で核廃絶を約束したオバマ大統領が教えてくれる平和な社会を築くためのカギとは? greenz.jp

まだまだわからないけど、あんた、信じていいんだよね!?
なんてテンション上がってたら、下記のようなニュースが!

■米、核燃料の再処理を断念 オバマ政権、政策転換(アサヒ・コム)
■米国:核再処理凍結を堅持 ブッシュ政権の政策転換(毎日jp)

いいね、いいねー!
経済産業省資源エネルギー庁の高橋泰三・原子力政策課長は、

長期的な研究開発は続けると聞いており、今後も日米の協力関係に変わりはない。日本への影響はないだろう

なんて言ってるみたいだから、今回のオバマのコミットメントが日本の核燃料サイクル政策にどれだけ影響してくるかはわからないけど、確実に世界に大きな影響を及ぼすものだと思う。

僕はまだまだ原発の是非を意見できるほど知識はないし、そりゃ贅沢だってしたいけど、大気中や海に放射能を垂れ流したり、10〜100万年先まで負の遺産を残したり、青森県六ヶ所村の核燃料再処理施設や福井県敦賀市の高速増殖炉「もんじゅ」もトラブルが絶えないし、よっしゃとりあえずはそれでいっとこ!とはとても言えないくらい危うい計画を、とりあえずは一旦止めてほしいと思います。日本のエネルギー安全保障上、それがどれくらい現実性のあるものかは別として。

マスコミは報道しないし、原発を誘致する地方議会では民主主義を疑いたくなるような判断ばかりが下されている。
だから、まずは国民みんなが日本や地球のエネルギー問題を知り、自分で考え、またみんなで話をする時間や体制を作りましょうよ(ってのは自分でも超理想論だとは思うけど)。

オバマは、就任後早々からグリーンニューディール政策を大々的に打ち出しているし(本末転倒にならなきゃいいけど......)、アメリカには、クリーンでサステナブルな代替エネルギーや、それで実現できるライフモデルの開発をリードしていって欲しいよ。
アイツら、本気になるとやっぱりすごい力を持ってると思うんだわ。

清志郎さんはずっと昔から反核・反原発を叫んでた。リアル・パンクス!

May 7, 2009 02:46 PM

Green Week

どうでしたか、2009年のGWは?
"Golden"でしたか?
"Gangan"でしたか?
"Guttari"でしたか?

っつーか、まだGWが明けてない人もいるかも知れませんね。そんな状況を望んでないのにも関わらず。
そんな人は、今は割り切ってダラダラ過ごしちゃうか、今よりもっと良い環境、次の環境を探してみるってのはどうですかい?
どんな状況でも今できることをするしかないですもの。

和歌山へ

4日に、オトンとオカンと、弟夫婦が暮らす和歌山の橋本に行ってきました。29日に続いてGW2回目BBQです。

和歌山には何度も行ったことはあるけど、なかなか内陸の土地へ行く機会はありません。
なので、新今宮から南海電車での約40分くらいの景色を非常に楽しませて頂きました。
電車が南へ突き進むにつれ、すごいスピードで視界をグリーンが覆ってく。都心から約40分でこんなにも山奥に来れるんですね。
東京の都心で働く多くの人が、埼玉や千葉や神奈川など近隣の県から1〜2時間もかけて通勤していることを考えれば、和歌山も全然悪くないな。

弟夫婦の家(奥さんのご実家)に着くと、お母さんや奥さんやお姉さんご夫婦が既にいろいろ準備してくださっていて、結局僕らは最後まで、次から次にお皿に盛りつけられるおいしい料理をご馳走になっただけでした。

我が家では食べることの出来ない柔らかいお肉や絶品のタケノコ、食後のおいしいコーヒーなどなど、いろいろありがとうございました。

blog20090505_01.jpg
冬には雪景色も良いそうです
blog20090505_02.jpg
魚介類が苦手な私でもおいしそうに見えます
blog20090505_03.jpg
我が家にはないおしゃれな家族の風景です
blog20090505_04.jpg
あ、実は右下のはハリセンボンのハルナじゃないんですよ。うちのオカンです。ちなみに僕は劇団ひとりに似ています

京都へ

6日は、高校時代からの友人ノリオに誘われ、京都の山奥にある陶芸工房「蕗窯」に行ってきました。

ノリオの友人である小松華功さんという陶芸家の方の工房兼ご自宅にお邪魔し、山菜を採りに連れてっていただいたり、旬で新鮮な食材を使った様々なおいしいお料理をご馳走になったり、陶芸をさせていただいたり、土地のことをいろいろ教えてくださったり、仕舞いには手土産までいただいたり、小松さんご夫妻には何から何までしていただきっぱなしの一日でした。

お誘いいただいた小松さんご夫妻&ノリオ、すごく楽しかったし、すごくおいしかったし、すごく勉強になりました。本当に本当にありがとうございました&ご馳走さまでした!
またかまくらの季節にお邪魔させて頂きたいと思います!

  • blog20090505_05.jpg
  • blog20090505_06.jpg
  • blog20090505_07.jpg
blog20090505_08.jpg
あるある、こんなショット。山は雨もまた美しいんですよね
blog20090505_09.jpg
自家製山椒だそうです。なんかいい光景ですね
blog20090505_10.jpg
工房兼自宅の前には、オオサンショウウオも住めるくらいのきれいな川が流れています
blog20090505_11.jpg
お花を摘む2daaaaan。え?あ、ヨモギとイタドリを探しているそうです
blog20090505_12.jpg
山菜やら旬の食材を使ったかき揚げです。ごってサクサクや〜ん
blog20090505_13.jpg
ノリオの働く市場で仕入れた極上アサリのエキスがたっぷり入った雑炊。ごってうまいや〜ん
blog20090505_14.jpg
初陶芸にしては非常に出来も良く、作業する姿が妙に様になる2daaaaan
blog20090505_15.jpg
ありがとうございました!

まとめ

昨年の田植えやそこで出会った人たちもそうだし、今回体験したことや出会った人たちは、職業柄パソコン・インターネットを介していろいろな人やものごとにコミットすることの多い僕にとって、非常に貴重なものです。
たまにこんなことがないと自分が拡張してかないですよね。

そんなこんなで僕のGWは、ごって"Green"な日々でした。
皆様、本当にThanxxxでした。

監督と選手の関係

ここ数ヶ月、ある代理店のあるディレクターの元で仕事をしていて、僕はかなりプレーの精細を欠いている。無駄な労力の消耗も多い。デザインへのモチベーションもなかなか保てない。

もちろん僕の力不足や未熟さもあるんだけど、ここまでプレーし難い監督の元でのプレーは久しぶりだ。
流れを作る仕事なのに視野が狭すぎる。
よって無駄なやりとり・工程・作業が多過ぎる。
指示の意図がわからない。意図を知ったとしても、それがとても適切だとも思えない。

仕事って何?
デザインって何?
Webディレクションって何?
ライフワーク?
ライスワーク?
なんとかこのディレクターの下での仕事にギャランティ以外のモチベーションを見つけようとするけど、なかなか良い落とし所が見つからない。
ライスワーク。やっぱりギャランティのための仕事ということか。
まぁそれも重要だけどさ。

それに今こうやってそんな環境でプレーをしているのも、僕の選択でもあるんだしね〜。
人間は一日に9,000回の「選択」をしているそうだし、「今」というのは、今まで僕が選択してきたこと、今まで自分のやってきたこと、今やっていることの結果なんだ。 主体性を大事にしたいなら、「今」を自分の責任だと思わないと矛盾することになる。

最近ようやく代理店を挟まない仕事もいだだいているけど、やっぱりこっちの方がいいよ〜。

主体性やモチベーションを欠かないし、ゴールまでの戦術も考え易いし、失敗からのフィードバックも得易い。何よりゲームに勝ったときの喜びも大きいしね。
だから、やっぱりデザインワークにおいて、クライアントとの間にはできるだけ人を挟まない方がいいんだと思う。
そしてできることなら可能な限りデザインに精通している人(単に経験者ということではない)の割合が高いチームがいい。Webデザインの世界ではチームの中に一人もデザインに精通している人がいないこともよくあるからね。やっぱり僕はデザインって専門職だと思ってるから。

そうそう、こうやって具体的に理想を描いていかんと。
現状は決してしゃーなくない、しゃーなくない。
まだまだベターにできるはずさ。

キーポンシャイニン!(by 友近)

May 4, 2009 01:28 AM

ロックンロール少年

ロックンロール少年

清志郎さん、ありがとう。
きっとあなたがいたから、
ブルーハーツもハイスタも、
それに今だってカッコいいロックバンドが
この国にたくさんいるんだと思う。
ロックとはどういうことか、
かっこいいとはどういうことか、
やさしいとはどういうことか、
あなたの声に、笑顔に、ジャンプに
教えてもらったように思う。
ぼくもあなたのようなロックンロール少年になりたいな。

夏に苗場で会える気がします。またみんなとロックしましょう。

ファストファストって......

最近、ファストファッションの台頭がすごいでしょ?ユニクロとかH&Mとか。
また新たに、原宿に『FOREVER 21』ってのができたみたいなんですよ。

で、そのLAからきたFOREVER 21ってのがなかなか信用できないやつで......

■話題のFOREVER 21、トロヴァータに訴えられる!! Cluster

はぁ嫌だね......こんなブランドが流行る世の中は。日本は。

「ファストファッション」とは、トレンドに遅れることなく、多品種少量高頻度生産で、低価格で消費者に提供されるファッション。
言わば「使い捨て」のファッション。悪い言い方ではあると思うけど、そういう側面があることは確かだと思う。

別にファストファッションブランドを展開する企業や、それらを好む人が悪いわけではない。
ユニクロは"そこそこいいものを低価格で提供し、毎シーズン、流行に合わせたファッションを楽しめる"というようなコンセプトを掲げていて、僕はそこがすごく引っ掛かってるんだけど、ユニクロファンのなかには、ユニクロの服を何年も着る人もたくさんいるだろうし、自分なりにリサイクルできる仕組みを持っている人もいるだろうし、それがあの価格で実現できるんだから最高に素晴らしいことだと思う。
また、ユニクロはCSRとして『全商品リサイクル』なんて活動もやっているようだし、サステナブルな社会を目指す仕組みづくりも一応ちゃんと行っているようだ。

このように他のファストファッションブランドを展開する企業だって、「使い捨て」をカバーできるアイデアを生む努力はできるはず。
企業は努力しなくちゃならない。
社会を意識しなくちゃならない。

働かないひと。』という本のなかで、マザーハウス代表の山口絵里子さん(超リスペクト!)が、自身が周りからよく称される「社会起業家」という言葉に疑問を持ち、

本当は全ての企業が社会のためにあるはずなんですよね

って書いていたけど、本当にそうだと思う。
そうかなぁって思う人もいるだろうけど、これって別に資本主義と共生できない考え方でもないと思うし、お金儲けを否定するものでもないと思う。

ファストファッションブランドと呼ばれるブランドを展開する企業は、資本主義や市場原理主義への懐疑心や、環境保全の声や、サステナブルな社会構築への気運が世界的に高まる中、ノーガードで「使い捨て」を良しとする姿勢を続けるなら、それこそ自分たちの持続性を欠くことになると思うんだ。
「ファスト」に提供することに気を取られてか、競争原理に煽られてか知らないけど、パクリなんて問題外。クリエイティビティのかけらもない。

っつーか、努力しない企業が淘汰されないなら、社会や消費者にも問題があると思うな。そんなのお洒落でもなんでもないね。センスねーよ。ファッションって自己表現ちゃうん?

逆に、もっとみんなに見て欲しい企業もあるし。
パタゴニアの「フットプリント・クロニクル」とか、アパレルじゃないけどコクヨの「『エコバツ』マーク」とかスゲー良いよ。僕は好きだな。日本人はこんなやり方は好きだと思うんだけどな。

まぁしかし「環境への配慮」っていろんな環境系CSRのコンセプトに盛り込まれていると思うけど、一体それって、どの角度からどれくらいの尺度で計っているの?と思うこともある。

例えば、
"この燃料は燃やしてもCO2を排出しません。
しかし、実はその燃料を精製する過程で大量のCO2を発生しています。"
だとか、その逆に、
"この素材で製品を作るときには、少しだけ大気を汚染してしまいます。
だけど、この素材を使った製品は100年間壊れない耐久性を持っています。"
ってこともあるし、そうやって、見る角度を変えたり、違う尺度で計ると見え方も違ってきたりするからね。

だけどね、頭を使って消費活動している人にはちゃんとわかってくると思うんだ。
うわぁこの人ら信用できへん、とか、この人らは不器用だけど努力してるかもな、とかね。

SRI(社会的責任投資)やエコ貯金など、政治家ではなくてもお金の使い方によって社会を変えられるという考え方が広まってきているし、まずはちゃんと頭を使った買い物ができるようになりたいね。

May 2, 2009 06:57 PM

お日様サンサンBBQ

次長課長

NHK『笑神降臨』の次長課長がすごくおもしろかった。

特に僕は河本ではなく井上がツボなのです。
媚びない。
ブレない。
無理しない。

笑神降臨では『アマフェッショナル』がおもろかったなぁ。本家『プロフェッショナル』の住吉さんも出てたし、セットも本物だし!
でも、NHKだからYoutubeでは観れなさそう。残念。

TBS『ザ・ドリームマッチ08』のときの、井上とエド・はるみのコントもおもしろかったなー。
ウドちゃんとのコンビもすごく良かったし、井上は意外にユーティリティ・プレイヤーなのかも知れないな。

モリニ カエル ニンゲン コワイ

BBQ at 小田南公園(尼崎)

多くの人にとってGWの初日である29日、僕らは地元の公園でBBQ(バーベキュー)をしました。

その公園はかつては中高生が悪いことをするためにあるような場所だったので、何年かぶりに行ってみてその変貌っぷりにビックリ。家族連れや草野球チームやカップルが、僕らと同様BBQをしたり手作りお弁当を食べ、周りではこどもがキャッキャ言いながら草の上を駆け回り、お日様サンサン(古!)、木々はキラキラ光っている......なんや、このピースな雰囲気は!こんなん尼崎やない!
まぁすごく良いことなんですけどね。かつての光景とのギャップにビックリしてしまい。

僕は、念願だった『アサヒ スタイルフリー』のCMで長瀬が食べている、あのパン的なもの(食パンらしい)にでっかいソーセージ的なものを乗せたサンド的なものを食べることができ、非常に満足でした。CMを観るたびに、食べたくて仕方なかったんですよね〜。

blog20090502_01.jpg
エビバディセイ!photo by 2daaaaan

女子たちは、毎度のことながら僕や2daaaaanにはついてけない内容のトークをひたすら続けるので、僕は持参してたスケッチブックに、こどもたちと一緒に絵を描いていました。

こどもはやっぱり凄いですね。
発想が自由だし、習得するのが早い。僕がドラえもんの描き方を教えると、一発でマスターしちゃうし、さらにそれに羽やらコクピット的なものなど、僕じゃ到底思いつかないようなアイテムを次から次と付け足し、オリジナルのドラえもんを造り上げてしまう。
いや〜、ベタな感想だけど、こどもはいろいろ教えてくれますね。

ピースになっちゃったこの公園もいいもんだな。
またみんなで来ましょう。
オーガナイザーのTamag、道具調達&料理担当のKohey、2daaaaan & Your mama、Thanxxxでした。

  • blog20090502_02.jpg
  • blog20090502_03.jpg
  • blog20090502_04.jpgphoto by 2daaaaan
  • blog20090502_05.jpgphoto by 2daaaaan
  • blog20090502_06.jpg

このアーカイブについて

このページには、2009年5月に書かれた記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年4月です。

次のアーカイブは2009年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。