MIXTAPE GENERATION: 2009年6月アーカイブ

2009年6月アーカイブ

June 29, 2009 09:35 PM

ビジュアル・コミュニケーション、恐るべし

フロンタ〜レ!

え!ACLのベスト8で、もう川崎と名古屋の日本勢がぶつかっちゃうの!? なんと運のない......まぁどちらにせよ、優勝するのは1チーム。どちらにも頑張って欲しいけど、我らがガンバ大阪を倒し、「次で負けたらガンバに申し訳ない」なんて泣けることを言ってくれた憲剛(中村)率いる川崎フロンターレを応援するで!

フロンタ〜レ!

マジ節操ねぇ

サマーソニック、やっぱりいろんな意味ですごい......BREAKERZってDAIGOのバンドでしょ......今さらサマソニに対して、メジャーだインディだ、ロックだJポップだ、なんてことを言うつもりもないし、求めてもいない。もちろんグラストンベリーやフジロックやライジングサンと比べるのも違う。

だけどさ、せめて、せめて音楽性ありきのチョイスって点だけは崩さないでほしいよなぁ(音楽性で呼んだんだとしたら、もう言うことはなし!)。マジ節操ねぇ。まだa-nationの方がやりたいことがわかるね......。

凛としたあのお方

白髪を見つけました。今までにも三度ほど人に言われて気づいたのですが、今回も全く気づいてなくて、友人に言われたところを探してみると、なるほど、長くて綺麗な白い毛が一本立派に生えておりました。

僕の髪は、非常に真っ黒で、くせ毛で(コシless)、細くて、なんか冴えないやつなんです。
なので、僕の髪にしては珍しく毎回ピンっとして凛として生えてくる白髪さんを嫌いにはなれないのです。

だから、「あぁ老いたのかな」くらいには思いますが、さほど気にはなりません。なんならちょっと白髪への憧れもあるくらい。

なので、どなたか、もし僕の頭に白髪を見つけたら気にせず教えてください(後頭部に多いようです)。見たいんですよね、凛とした白髪さんを。

ビジュアル・コミュニケーション、恐るべし

自分の名刺をデザインしたんで、海外のデザインリンク集に投稿してみたら、ここ数日間このブログに世界各国からアクセスがあります。アメリカ、カナダ、アルゼンチン、トリニダード・トバゴ、オランダ、ドイツ、イタリア、スロベニア、ベルギー、スペイン、フランス、オーストラリア、韓国、台湾。

blog20090629_01.jpg

このブログなんて日本語ばっかで、しかも自分の周りの人にさえしょっぱい表情をされることばっか書いているのに、なかには数分間このサイトに滞在して何ページか見てくれている人もいるみたい。やっぱり日本語は読めないから、写真やフライヤーなどの作品を見てくれているみたいですけどね。ビジュアル・コミュニケーション、恐るべし。

おもしろいな〜。
特に今回のことが何かに繋がったわけじゃないし、どうかしたいわけでもないんだけど、ちゃんとアウトプットするっつーことは大事なんだなぁと思いました。「デザインは外、アートは内への旅だ」なんて言うけど、どっちにしろアウトプット(表現・発信)しなきゃデザインもアートも無いんだからね。

そして、やっぱりインターネットっておもしろいもんだと再認識。フラっとこのブログに辿り着いた人がコメントをくれたりするし、Last.fmを通じて海外の共通の音楽趣味を持つ人がメールをくれたりすることもある。インターネットがない時代では考えられないことですよね。

なんか最近インターネットに対してちょっと冷めてたけど、またおもしろくなってきた。

June 28, 2009 09:27 PM

ガンバサポーターは阪神ファンのメンタリティに学ぶぅ〜

ガンバサポーターは阪神ファンのメンタリティに学ぶぅ〜

今日はガンバ大阪(vs 横浜マリノス)が久しぶりに勝てて良かったな。ガンバが勝つのと負けるのでは本当に気持ちが違ってくる。
小学生の頃、阪神の勝ち負けによって僕ら生徒への態度が変わる先生がいたけど(自らその仕組みを公言していた)、もちろん「めちゃくちゃやん!」って思いはあるけど、今考えるとちょっとおもろいし、多少わかる気がする。

今年のガンバは勢いに乗り切らず、リーグでは中位付近に甘んじてるし、ACLではアジア2連覇の夢も断たれた。
でも、阪神ファンは18年間も負け続けたチームを応援し続けたんだ。ガンバサポーターはこんくらいの状況で諦めてちゃダメだ。結果が出る前から「もう今年はアカン」なんて言うのは好きじゃない(阪神ファンもよく言うけど、あれは本心じゃないっぽい)。

排他的ではあるけど(特に東の文化に関して)、一度愛せば腐っても手放さないのが大阪人らしさって感じがするし、阪神はそんなメンタリティに支えられてきたんじゃないかと思う。
だけど、その優しさや緩さや甘さが長年阪神が低迷から抜け出せなかった原因じゃないかと思うところもあるし(あくまで個人的分析)、ガンバサポーターはガンバが常勝軍団になることを目指して、世界で戦えるチームになることを目指して、愛のある厳しさを忘れないようにしよう。

ACLのベスト8に勝ち残った川崎フロンターレと名古屋グランパスのどちらかには、是非ともアジアを制してほしい!

blog20090628_01.jpg
「将軍さま〜!」ACLラウンド16 ガンバ大阪 vs 川崎フロンターレ

マイナースポーツの明日

最近の夜中、ボーっとウィンブルドンを観てるんですが、テニスのルールがよくわかりません。
高校の授業でも少しだけやったけど、そのときはどうしてもあの面の広いラケットでボールを思いっきり遠くに打ちたい衝動に勝てずに「テニス野球」をしてしまっていたし、浦沢直樹のテニス漫画「Happy!」も大好きだったけど、一切ルールが頭に残っていない(そこは重要じゃなかったっぽい)。
クルム・伊達や杉山愛は本当リスペクトしてるし、もっとガッツリとウィンブルドンを楽しみたいんだけどなぁ。

僕だけかなぁ?みんな知ってんの?アメフトやラグビーもわからなくない?
この国のスポーツ人気は偏ってるでしょ。スポンサード企業の権限が強過ぎるし、マスコミはタレント選手を造り上げて、ダメになったら、はい、終わり。
各競技を推進する団体もダメだ。知ってる人だけが観ればいい、知りたい人は自分で調べればいい、そんなんじゃ日本のプロ野球以外のスポーツはどれもダメでしょうよ。

ということで、僕みたいな人がたくさんいると仮定して、まずは、テニス、アメフト、ラグビーあたりの放送の際にはチラッとルール説明的なコーナーを設けてはどうでしょうか?

クリエイティブ・マインドと客観性

テレビ好きの僕はCMもよく見るのですが、なかには、どういうこと!? なんでこんなことになったの!? と、一応同じクリエイターとして悩まざるを得ないものがたくさんあります。
ま、逆を言うと、僕が作ったものに対しても同じように見られているということですけどね。

JRA「CLUB KEIBA」

よくわからん。

JRA「CLUB KEIBA」のCMで、なぜ小池徹平くんは最後に「修学旅行、行ったことないんですけどね」と言うんでしょうか?
CMのキャラ上の設定?それか小池くん自身にそういった有名なエピソードがあるの?

ブルボン「プチシリーズ」

よくわからん。

ブルボン「プチシリーズ」のCMが、なぜずーーーっとモサいのか?(今の三浦春馬くんバージョンも例に漏れず)。
っつーかブルボンのCMは全部モサいです。いつの時代のCMを見ても、それよりちょっと前の時代の古いCMを見てるみたい。こう考えるとそこに意図があるのかとも思えてくる。

プチシリーズと少し似た手法のCMでどうしても気になるのが、ちょっと古いけど「リッツ」や「オレオ」(どちらもナビスコ)。
リッツパーティ?オレオパーティ?そんなんするかい!って思って、さっきブログ検索してみたら、意外にみんなしてるみたい......危ない危ない、またネタで言ったつもりなのに「お前は経験不足やねん」って本気で怒られるとこやったわ〜。

新しいところでは、コンビニで買えるスタバ「スターバックス ディスカバリーズ」のCMでも、登場人物全員がスターバックス ディスカバリーズを持ってパーティしてますよね。

まぁ作り手としてはわからんでもない手法なんですけどね。

パナソニック「LUMIX G1」

よくわからん。

樋口可南子のパナソニック「LUMIX G1」のCMで、フラ(or タヒチ)ダンスを踊る男性が被写体になっているのに、BGMがフラメンコなのがよくわからん。

花王ソフィーナ「AUBE」

よくわからん。

花王ソフィーナ「AUBE」のCMに出てくる菅野美穂や相武紗季は、どちらも化粧によって素材の美味しさが消されているような気がします。
この二人は特に健康的な素材の美しさがセールスポイントだと僕は思っているので、余計にそう感じるんですかねぇ。どういった意図での起用だったんだろう。

女性の化粧力の凄さ・恐ろしさはそこそこに痛感してきたつもりですけど、逆に化粧することによって美味しさが損なわれる人もいるんですかね〜。

ま、結局好みの問題か。
え?はい、化粧してる菅野美穂や相武紗季も大好きっす!

マジ儚ねぇ

ある商品の新CMを見て気づきました。昨年、その商品のCMと連動したサイトをデザインしたのですが、いつの間にかCMに合わせてサイトもリニューアルされていました。
すごく苦労したし気に入っていたデザインなのに、時期が来ればサラ〜ッと知らぬ間に新しいデザインに変わっちゃうんですよねぇ。

広告なんてそんなもんです。そうあるべきなんだろうとも思います。
現状のものに問題があるかどうかはさほど関係なく、ある一定の時期が来ればそのときのマーケットのニーズやトレンドに合わせたデザインに作りかえていかなきゃダメなんですよね。
その辺はプロダクトデザインにおけるストイックさとは違うんですよね。もっとフレキシブルにタイムリーに。

印刷物やプロダクトのデザインなら、古くなってもモノ(作品)が残るんですけど、Webデザイナーは、常にサイトを作り続けてないとどんどん作品が消えていきます。
それって悲しいところでもあり、カッコ良くもあるところなんですよね。

June 25, 2009 04:11 PM

MIXTAPE GENERATION Business Card

June 23, 2009 06:05 PM

a day in my life

川元陽子さんというアーティストにモロに影響され、コンビニへ出かけるついでにカメラ片手に近所をぶらぶら歩き、我が街の日常をパシパシ。
かなり楽しい時間でした。

  • blog20090623_01.jpg
  • blog20090623_02.jpg
  • blog20090623_03.jpg
  • blog20090623_04.jpg
  • blog20090623_05.jpg
  • blog20090623_06.jpg
  • blog20090623_07.jpg
  • blog20090623_08.jpg
  • blog20090623_09.jpg
  • blog20090623_10.jpg

ただ、昼間っから、髭も剃らず小汚いロン毛を束ねたオッサンがカメラ片手にぶらぶらしてると、なかなか怪しいっすね。

June 21, 2009 03:50 PM

Buddhistson in 京都WHOOPE'S

経済波及効果

関西大学大学院会計研究所の宮本勝浩教授という人が、ガンバ大阪が、国際規格を有するサッカー専用スタジアムを万博記念公園内に建設した場合の、吹田市内と大阪府に及ぼす経済波及効果を推定したものを発表したようです。

万博のある吹田市内への経済波及効果は10年間で最大411億6,550万円、大阪府内への経済波及効果は同じく10年間で最大約960億6,600万円ガンバ大阪オフィシャルサイトより抜粋

となるそうです。
正直、ホンマかいな!? と思いますが、今のガンバのホームスタジアムである万博記念競技場のままでは、ガンバ大阪サポーターの拡大には限界があるのは事実。アジアを制そうが、マンUと激闘を繰り広げようが、そんなことよりまず地元のスタジアムでおもしろくて勝つサッカーを見せないとダメなんだ。
プレミアリーグに見るようなピッチと観客席の近い迫力満点のスタジアムができれば、ちゃんとガンバサポーター、サッカーファンが増えていくと思うんですよね。

ホームの意味

っつっても!おい、コラ、ガンバ!ホームで勝たんかい!新スタジアム云々以前の問題やがな!
昨日のアルビレックス戦といい(加地、フタ、おかえり!)、今シーズン僕は5〜6試合スタジアムで観てますけど、まだ一度も勝ってないんじゃないでしょうか。
せっかく多くの人が入ってるんだから、なかには初めて観にきた人もいるんだから、また観に来ようと思うゲームをせんかいな!

水曜のACLラウンド16の川崎フロンターレ戦、マジ頼みますよ!

Buddhistson in 京都WHOOPE'S

そんなガンバ大阪の不甲斐なさに打ちひしがれながらも、万博からそのまま京都河原町へ向かい、八坂神社近くの京都WHOOPE'Sへ。
SENSMITHというバンドのライブイベントに、Buddhistsonが来るっつーので行ってきました。

京都WHOOPE'S、初めて来たけど、超良い。ステージとオーディエンスとのボーダレス感ったらありゃしない。海外のハードコアバンドの映像でならよく見るんだけど、段差や冊がないんだもの。逆にバンドの人たちからも自分を見られているようで、ちょい恥ずかしいけど、あの迫力は最高っすね。

ブディはいつもより長くやってくれ、映像もあったし、ゲストでジェニファーが参加したり、"Secret Coast"をやってくれたり、予想外にスペシャル感のあるライブセットで、WHOOPE'Sの雰囲気と相まって超良いライブでした。

ブディ前後のバンド(ForLessToLake、SENSMITH)は時間の関係で全部は観れなかったけど、あぁ知らないところで良いバンドがいるもんだなぁと思えたナイスなライブでした。
フェスやZEPPクラスのライブも好きだけど、やっぱり何かが始まる予感のする、少しヒリヒリした空気の漂うライブハウスは堪らないね。

ライブの帰りに聴きたくなった曲・バンド
Buddhistson - Wisely And Slow
Stars - Ageless Beauty
Death Cab For Cutie - Transatlanticism
Ash - Orpheus

June 16, 2009 07:22 PM

Give me a ticket!!

マクロでお願い

先日書いた温室効果ガス削減の中期目標ですが、麻生首相は10日、2020年までに日本の温室効果ガスの排出量を「15%減」とする中期目標を発表しました。
環境保護団体が25%減を主張し、閣僚たちの多くが7%減を主張していたのに対し、麻生首相は15%減を発表。

一瞬、おぉなかなかいいじゃん、なんて喜んだのですが、今回麻生首相が発表した15%減という数字は2005年比の目標。環境保護団体や閣僚たちが支持していた7%や25%という数字は1990年比の目標。話が違ってくるわけです。
結局麻生さんが「野心的」とまで言い放ち設定した15%減という数字は、1990年比に直すと「8%減」ということになるみたいです。

そない野心的ちゃうやん。
経団連は最も緩い4%増(2005年比4%減)を強く主張していたし、閣僚たちは7%減を主張していたわけなので、多少は麻生さんも頑張ったのかもしれないけど。

経団連は、高過ぎる削減目標は経済の停滞に繋がるとし、一番緩い目標である4%増を支持していたわけだけど、彼らが国民にアピールしていたのは「温室効果ガス削減目標が高いために、皆さんは環境に配慮した車や家電に買い替えなきゃならないんですよ!? ヒドいでしょ!?」みたいなこと。
彼らの真意は別として、経済の停滞を危惧する主張はわかるんだけど、国民に言ってることって目先の負担についてばっかなんですよねぇ(一番効果がありそうなアプローチだけど)。

そりゃ温室効果ガス削減の目標設定については、EUや途上国に比べて日本には不利な条件もいくつかあるんだろうけど、とにかく、僕らのしてきた贅沢のツケを次世代に残すのが嫌なんですよねぇ。

まぁ日本は省エネ技術は世界一なので、国内の温室効果ガス削減のみに固執するのではなく、他国への技術提供による地球規模での温室効果ガス削減にも貢献できるわけで、あくまで包括的な問題として取り組んでいければと思うんですけどね。

チケットちょうだい

10周年ということで、三日間開催の今年のサマーソニック。
改めてラインナップを見ると、ホンマに超豪華ですね。普段、コアに音楽を聴いているわけじゃない人にとっても申し分ないメンツじゃないでしょうか。

そしてメジャーどころの大看板に隠れて、コアな音楽ファンも納得のバンドも大集結してますね。

あぁ誰かチケットちょうだい......。

こうやって見ると、フジロックのラインナップはすごく地味っすね〜。コア過ぎる。
まぁそれがフジロックらしさで、フジロックはあの空気・空間ありきのフェスだから、メンツが第一じゃないんですけどね。

今年はノーマニーだし、サマーソニックには参加できないかもなぁ。初開催からほぼ皆勤賞やったのに。

BOOM BOOM SATELLITES、THE ALL-AMERICAN REJECTS、THE QEMISTS、THE SPECIALS、ELVIS COSTELLO AND THE IMPOSTERS、THE FLAMING LIPS、SONIC YOUTH、TEENAGE FANCLUB、THE VASELINES、APHEX TWIN、MOGWAI、MEW、MERCURY REV、65DAYSOFSTATIC、CSS、THE TING TINGS、SOULWAX、BIRDY NAM NAM、チャットモンチー、Puffy AmiYumi、MATISYAHU......

あぁ誰かチケットちょうだい......。

しかし、平日の7日の金曜日、どれくらい人が入るんでしょうか?

フジロックは歴史や知名度のおかげか、「初日の金曜日は有給をとって参加です」って話は周りでもよく聞くし、実際、初日の金曜でもめちゃくちゃ動員しています(あの光景、なぜか嬉しくなる)。

また、フジロックなら新潟の山奥ってことで、「旅行のために休みます」ってのが会社なり上司なりに多少は言い易い気がするけど、サマーソニックは都市型フェスだから、有給をとって普通にコンサートに行くってことと変わらないですよね。 どうなんだろう?

っつーかね、有給とらないとアカンよ!権利です!日本の社会ではなかなか行使し難い権利だけど、諦めちゃダメ!労働するために生きているんじゃないんだから(人によりますけどね)。

良い音楽を聴くこと、みんなで酒を飲んで、踊ること、叫ぶこと、笑うこと、全て良い仕事に繋がります。

あぁ誰かチケット......。

June 15, 2009 01:43 AM

KEEP TRYING

お久しぶりです

「お笑いワイドショー マルコポロリ」を観ていたら、再現VTRのラサール石井役として、かつて一緒に働いていた方が出演されていました。

僕と一緒に働いていた頃から、いつくかのバイトを掛け持ちしながら劇団の活動に一生懸命打ち込んでおられたので、まだ役者さんをやっておられるのかなぁとたまに思い出しては、インターネットで名前を打ち込んで探していたのですが、なかなか有力な情報を見つけることはできず、もうやめたのかなぁなんて思っていたので、今日元気に役者の仕事をされている姿を見れて、すごく嬉しかったです。

僕は、あることを続けるのに、外野の声にイライラしたり、結果が出ない自分にイライラしたり、経済状況や年齢を言い訳にしてしまいそうになったりします。
やっぱり、ひとつのことをずっと信念を持ち続けて続けている人はカッコいい。
俺も頑張らんとなぁと思えました。
ありがとうございました。

アシンメトリー

フットサルの帰りの電車、優先座席に前髪がアシンメトリーな少しギャル男っぽい子が2人座っていました。

しばらくすると、おばちゃん軍団4人が入ってきました。

ギャル男っぽい子Aがスッと立ち上がり、ギャル男っぽい子Bにも「おい、立つぞー」と少し恥ずかしそうに席を譲ることを促し、2人はテレながら電車の入り口近くに向かって行きました。

気持ちいい日曜の夕方でした。

June 14, 2009 12:05 PM

お笑いスカウター

高校時代、違う高校に進んだ中学時代の友人と久しぶりに会ったとき「学校のやつらが全然笑いをわかってくれへん、中学時代が良かったぁ」とひどくヘコんでいました。

つい先日、前職場の同僚が、新しい職場に来て、改めておもしろトークができた前職場は良かったなぁと思います、といった内容のメールをくれました。

こんな話、めちゃめちゃあります。僕だっていろんな場所でそう思ってますし。

僕がおもしろいかどうかは別として、突飛なことを言う、どうでもいい細かいことを言う、キレる、毒づく、ボケる、ツッコむ一番の目的って、笑いが起きてその場が楽しくなればいいなってことなんです。壁を壊したいってことなんです。「お前、アホやなぁ〜」「細かいねん!」「アハハハ〜」でいいんです。空気が良くなれば。
お笑いのプロだって、僕みたいなただのお笑い好きの素人だって、ほとんどみんなそうなんじゃないでしょうか。

でも、お笑い素人は気をつけて!
ちゃんと自分の意図・ボケ(ツッコミ)がわかるツッコミ(ボケ)役がいないとき、そんなボケ(ツッコミ)をしてしまうと、普通に怒られます。正されます。傷つけてしまいます。
また、これで変にボケのベースとなる屁理屈を曲げずにジタバタしてしまうと、こりゃもう空気が大変なことになります。自分もそこそこ傷を負います。

そりゃもう自分の責任ですよ。
いろんな職場で、司会やリーダー的なことも任されてきました。常にお笑いスカウターでみんなのお笑いレベルを計り、適切な技を繰り出すことを考えてきました。
それでもまだまだミスするんです。所詮素人ですから、お笑いスカウターもバッタもんだし、使える技も限られてますから。

お笑いスカウターの精度を磨き、技を覚え、ちっぽけなプライドを捨てる(これ一番大事!)。まだまだ修行です。道は険しい!

June 12, 2009 12:19 AM

BOOKS KILLS ME

BOOKS KILLS ME

小説はあまり読みません。好きなんです。好きなんですけど、いかんせん僕は本を読むのがめちゃくちゃ遅い。
僕は常に焦燥感というか、ちょっとづつでも前進しなきゃ!って焦りに近い感覚があるから、フィクションよりは、もっと実用的なインプットを優先して選んでしまうんですよね。

最近、速読に関する本を読んで初めて気づいたんですけど、僕が本を読むのが遅い(辛くなる)のは、読書の仕方・考え方にいろいろ問題があったようです。
そうですよね、必ずしも本の内容を一語一句読まなくてもいいんですよね。
僕はキッチリ病故に全部読まないと気持ちが悪いんです。読破した感が欲しいんです。心配なんです。もしかすると読み飛ばした部分にすごく大事なことが書かれていたんじゃないかって。
僕の周りにいる高学歴の人ってみんな本を読むのが異常に速くて、なんでそんなに速く読めるのかよく質問するんですけど、みんな口を揃えて「要点だけ拾うようにする」って言うんですね。僕からすれば「なぜ全部読んでもないのに要点がわかんねん!」って思っていたんですけど、速読の本を読んで、それが可能になるメソッドがあることがわかりました。
もちろんそれが使える本の種類は限られますけどね。小説と実用書では行間に潜む空気みたいなものの質や量がまるで違いますから。ある物語を読んで、どんなメッセージを受け取るかは人によって全然違いますし、そうあるべきだとも思いますし。

要は、僕は読書スタイルの使い分けができていないんですよね。そりゃ雑誌まで隅から隅まで読んでちゃ時間が足りないよ。
最近は読書スタイルを使い分けれるよう、キッチリ病や心配性と戦いながらも改善努力をしているおかげか、読後感をそこそこに得ながらも、速く読めるようになってきた気がします。

それでもさ、っつーかさ、興味のあることが多すぎて追いつかないわ!あることを知れば、新たにあることに興味が湧いて、またそれがツリー状に広がり、枝は延々と広く高く伸びていき......僕の部屋の未読の本の山も高くなっていき......アカン!もう誰も(特にamazon!)僕に新しい本を紹介しないで!

とんねるず

最近、とんねるずってやっぱりおもしろいんだなぁと思うことが多々あり。

近年、とんねるずの番組を観る機会があまりなかったのですが、少し前にとんねるずが中川家や次長課長とともに坂東さんの家に押し掛けるやつを観たり、今日は、麻生久美子と松山ケンイチが出る食わず嫌い王決定戦を観てたのですが、あぁこの人たちはちゃんとおもしろいことやってんだなぁと再認識。

一般的には「そんなの当たり前だろ!」って思うかもしれないけど、自称お笑い好きと称する輩の間では、とんねるずってあまりお笑いの文脈で語られる存在ではないように思います。
また本人たちも、そんなの大して拘ってなさそうなんですよね。何をするにしても「芸のため!」って感じがしない。歌を歌わしても、演技をやらしても、それはそれとして超楽しんでやってる感じがするし、売り物としてそれなりのクオリティは保っているように思う。
そういった自由なスタンスや、一切浪花節を感じさせない経歴が、自称お笑いマニアたちにはあまりアジャストしなかったのかも。

僕がとんねるずが大好きだった頃は、やっぱり『とんねるずのみなさんのおかげです』の頃かな。タカさんのストロベリーダンスと保毛尾田保毛男、ノリさんがボールを蹴って門番の頭に当てるシーンをよく思い出します。
YouTubeで昔のコントを観てると結構ラジカルなことやってますよね。今のテレビではできないこともたくさんあるだろうけど、もう少しコントをやってみてほしいです。

June 10, 2009 11:51 PM

移籍問題

今やってる2つの案件が終れば、基本的に手持ちの案件がなくなります。
まぁ今はそんなことも念頭において細々生きているので(親に迷惑かけながら&煩悩と戦いながら)、仕事がなくなった瞬間、即ホームレスということにはならないのですが、やっぱりフリーというのは責任やリスクも大きいんだと今さらながら実感。サラリーマン・デザイナーだったらあまりそんなことは考えないからね。

僕なんかでも思うんだから、スポーツ選手やアーティストなんて本当に大変なんだろうなぁと思います。
まぁアーティストにはアナーキーな人が多いと思うから、収入の変動なんかにはどうにでも対応していけそうな気がするけど、スポーツ選手なんかは、チームの方針や怪我や年齢によって引退・退団せざるを得なくなったとき、他の職業に比べてなかなか次のキャリアが見えてこないですよね(僕が知らないだけかもしれませんが)。みんながチーム関係者や指導者や解説者になれるはずもなく、全くの異業種へ飛び込まないといけない人もたくさんいると思います。

っつーかさ、引退とか退団の前に、例えバリバリ現役でも、急に他のチームへ売り飛ばされたりするかもって状況は考えられないっすよね。まぁ他の職業でもライバルや先輩や後輩と切磋琢磨し合わなきゃならないけど、「海外から超大物を連れてきたから、はい、君はさようなら」なんて言われることはまぁないでしょ(大企業ならあるんだろうけど)。

そんなことを考えると、スポーツ選手の年棒も決して高過ぎるわけではないっすね。

さて、俺の今のステータスはなんなんだ?
移籍先探し?
チーム発足?
引退?
異業種へ転身?
幸い目指すとこはわかっている。あとは妥協せず、だけど柔軟・臨機応変に、一歩踏み出す先を選ぶだけなんすね。

まぁそれがなかなか決めかねるんすけどね〜。
やっぱりお金っているよなぁ〜。

June 9, 2009 04:39 PM

しっつも〜ん

2ちゃんねる

2ちゃんねるとかその他ネット掲示板はあまり見ない(辿り着くことはある)。気分が悪い。卑劣だ。下世話だ。
ほんと今さらだけどね。

『ネットが世の中の間違ったことを正す力になりうる』という実感を、ネット住民が持ちつつあったんだと思います。行政や企業、マスメディアといった権力者が、上から目線で言論封殺するような状態に対して、ネットなら一揆ができると
......
もはや世論を構成する『インフラ』といって差し支えないかも。何か事が起きてもとりあえず2ちゃんに行けば、真偽はともかく、最新の情報が素早く手に入りますからね R25:今や世界最大の匿名掲示板"2ちゃんねる"の10年史より抜粋

って、ほんまに美しい部分だけ抜き出した話ちゃうんかな。
これが言論のオルタナティブな形なの?
気分の悪くなるような書き込みの方が大半を占めてないか?
傷ついてる人が多すぎないか?
匿名で許される内容と許されない内容があるでしょ。

根底に最低限のリスペクトや正義があって、それらに伴うルールや節度が存在するならまだしも、現状の2ちゃんねるなんて無くなったって僕個人的には一向に構わないんだけど。

あ、僕?僕は末吉幸司と申します。

W杯出場決定

ニッポン、2010年FIFAワールドカップ・南アフリカ大会、出場決定おめでとう!
近年のアジアサッカーのレベルアップに反して、もはや日本代表のW杯出場は当たり前のような空気が高まる中、みんなよく結果を出したよ!

選手―特にスキルフル中山ゴン a.k.a. 岡崎、猛攻を耐え忍んだセンターバックの中澤・トゥーリオ(帰化して良かったね!)―、1年半でここまでチームを成長させた岡田監督(オシムさんも)、現地まで応援に駆けつけたサポーター、パブリックビューイングや家で応援していたサポーター、みんなみんな素晴らしい!

サッカー界にとってW杯に出場するのとしないのでは全然違うんだ。
俊輔だって、ヤットだって、中澤だって安心してらんない。まずは代表入りへの戦いがあり、代表チーム内での戦いを経て、やっとW杯のピッチに立てるんだ。
よって、これから1年の代表戦はもちろん、Jリーグもナビスコも天皇杯もACLも俄然おもしろくなってくる。

個人的には、ガンバ勢には是非ともリーグ・ACLの両タイトルを獲って、W杯の舞台に立ってほしいね〜。

blog20090609_01.jpg
ポスト ケンタロウ or コウケンテツを狙う2daaaaanのナイスおつまみ
blog20090609_02.jpg
キリンビールの戦略に思いっきり乗ってやりました
blog20090609_03.jpg
テレ朝の角澤アナと松木さんのコンビは苦手です......
blog20090609_04.jpg
サーターアンダギー a.k.a. Tommy
blog20090609_05.jpg
ガンバでも代表でもヤットの7番を背負う2daaaaan

しっつも〜ん

今年は機会があれば是非体験してみようと思うんです。
「流しそうめん」。

そうめんを流して食うってそんなにいいもんなんですか?
僕、言っちゃいそうです。
「は〜い。普通に食べた方がよくないですか〜?」
って。あ〜、空気が読めなそうな自分が恐い!

誰か流してくんない?そうめん。

June 5, 2009 01:53 PM

TAKE ACTION!

BShi「未来への提言 グラミン銀行総裁 ムハマド・ユヌス 〜世界を救うソーシャル・ビジネス〜」

2006年にノーベル平和賞を受賞したバングラデシュのムハマド・ユヌス教授は、1983年にグラミン銀行を創設し、マイクロクレジット(貧困層を対象に無担保・低金利で小額融資する)により、多くの人々を貧困から救いました。

「貧困」とはチャンスが与えられないということです

と語るユヌスさんは大学の学部長だった頃、大学の近くのある村の現状を知り、衝撃を受けます。
その村で竹製の椅子を作る仕事をしているある女性は、材料を仕入れるために高利貸しからお金を借り、1日の収入のほとんどを利払いに充て、手取りは2.5円。ほとんど儲けのない彼女は仕事を続けるためにまた高利貸しからお金を借りるという悪循環を繰り返していたのです。
そして彼女の村には彼女と同じような境遇の人が42人いることを知ります。それが全部で(失礼かもしれないけど)たった27ドルだということも。
ユヌスさんは、自分が無利子でお金を貸してあげれば、高利貸しへの返済に苦しむ人たち全員を救えるんじゃないかと考えました。そしてそれを実行し、見事に全員が返済したのです。
そのとき、貧しい人も適切な利率の融資であればちゃんと返済でき、貧困から抜け出せるのではないかと気づきます。
しかし、そのことを大手銀行に話してみるも取り合ってもらえず、自身でグラミン銀行を設立。それからは、ビジネス支援、教育支援、住宅ローンなど、マイクロクレジットにより貧困から抜け出すための様々なチャンスを用意し、多くの人を貧困から救い、今もなお新たな問題に取り組み続けています。

ユヌスさんは、先進国であり経済大国でもある日本にできることはたくさんあると仰っています。
ODA(政府開発援助)や企業のCSRも先進国のできることの一つだけれど、それなら一部のお金を使ってグラミン銀行(またはその系列事業)のようなソーシャル・ビジネスを立ち上げ、持続可能な地域をつくるための支援をした方がいいということです。利潤目的でなく現地の特性にあった会社を作り、ノウハウを与え、雇用を作り、人材を育て、持続可能な経済基盤を作る。
だってODAなんて結局日本のゼネコンや商社が絡んできたり、CSRもまだまだ日本では義務的な感じが否めないですもんね。

やっぱり、魚を与えてやるんじゃなくて、魚の釣り方を教えてあげるということが大事なんですよね(基本中の基本ですが)。

ユヌスさんはもう68歳だけど、貧困に喘ぐ人や環境危機にさらされる人を救うアイデアをまだまだ一杯お持ちのようです。
僕も「マジすげぇ〜!」なんてただ驚いてないで、まずはできることから始めないと。

TAKE ACTION!

■リピート放送
プレミアム8<人物>未来への提言「グラミン銀行総裁 ムハマド・ユヌス」
http://www3.nhk.or.jp/hensei/program/p/20090611/001/10-1400.html

責任

ユヌスさんのいるバングラデシュの国土は、地球温暖化による海面上昇の被害が及ぶ可能性が非常に高いそうです。それもかなり近い未来にかなり甚大な。

世界に股がるグローバル経済の道路を、空気を汚しながら乱暴な運転を繰り返してきた我々先進国には責任があります。ましてや日本は京都議定書の温室効果ガス削減の目標達成度合いにおいてあまりいい結果を出せていません。

京都議定書の温室効果ガス削減目標って達成できそうなの?[R25.jp]
http://r25.jp/b/column/a/column_details/id/110000005783
京都議定書[チーム・マイナス6%]
http://www.team-6.jp/about/kyoto_protocol/kyoto_protocol.html

麻生首相は、近々2020年の日本の温室効果ガス削減目標を定める模様です。
科学的には最低限25%減という意見がありますが、閣僚たちの多くは7%減が妥当だと主張してるし、世論調査においては環境団体の発表と報道では食い違いがあって、何を信じていいのかわかりません。

新しい世論調査示す[Avaaz.org]
http://www.avaaz.org/jp/japan_climate_poll/
温室効果ガス 目標「7%減」支持最多[Yahoo!ニュース]
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090525-00000074-san-soci

ただ今の日本の温室効果ガス削減を始めとする環境対策の後れは放っておけるものではありません。みんなでワーワー言わないと。ガンガン動かないと。

ただお金でCO2を買うだけでいいの?
ただエコバッグを持ったりエコカーに乗るだけでいいの?
CO2を出さないと主張する原発政策を進めればいいの?

ユヌスさんは仰っていました。

人類は月に行きたいと思ったから、月に行けたのです

7%減なんて言わず、25%減、目指しましょうよ。

ということで、AssHole(アソォー) a.k.a. 麻生首相のケツを叩きたい人は、下記サイトで署名してはいかがでしょうか?

日本:今すぐ高い削減目標を![Avaaz.org]
http://www.avaaz.org/jp/japan_on_the_edge/

プルサーマル

とうとうプルサーマル始動に向けてMOX燃料が日本に届きました。

MOX燃料が日本到着 秋に初のプルサーマルへ[中国新聞]
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Sp200905180264.html
プルサーマル始動へ MOX燃料国内到着 静岡・御前崎[アサヒ・コム]
http://www.asahi.com/national/update/0518/SEB200905180001.html

資源の再利用なんて言うけどウランなんてすぐに枯渇すんじゃねぇ?
MOX燃料がみんなと同じ道を通って運ばれるなんて恐過ぎねぇ?
本当にプルサーマルは安全なの?
断層の上にある原発は大丈夫なの?
原発がなくても日本の電力は賄えるって話もあるけどどうなの?

報道しない。嘘をつく。利権構造がチラつく。モヤモヤだらけですねぇ。ホンマにちゃんとした賛成・推進派の意見が聞きたい。
良いことも悪いことも隠さないでほしい。
嘘つかないでほしい。
利権やしがらみを取っ払って話してほしい。
MOX燃料を乗せた車の後ろを家族を乗せて走れるんだろうか?
自分の家族は原発や核燃料再処理工場の近くで暮らせるんだろうか?

......ってとこまで書いて、続きを今日書こうかと思っていたら、

電気事業連合会、プルサーマル計画の見直し検討産経ニュース

ってニュースが今朝になって飛び込んできた。
プルサーマル発電を始動する予定だった原発周辺の反対派住民はちゃんとワーワー言うてたし、

呼子区長連絡協:プルサーマルと中間貯蔵施設に反対要望書、知事に提出 /佐賀[毎日jp]
http://mainichi.jp/area/saga/news/20090509ddlk41010618000c.html
話題:プルサーマル反対の人文字 佐賀・玄海原発[毎日jp]
http://mainichi.jp/seibu/news/20090511sog00m040007000c.html
玄海原発プルサーマル計画:「中間貯蔵」阻止訴え、反対派がビラ配布 /佐賀[毎日jp]
http://mainichi.jp/area/saga/news/20090508ddlk41040541000c.html

少なからずそれが影響したのかもね。素晴らしい(まだ何も解決してないけど)。

今回のような感じで、もんじゅ運転再開もプルサーマル始動も断念してくれればと思いますね。

June 3, 2009 03:55 PM

What will become of 尼崎...

What will become of 尼崎...

6月7日に尼崎市の市議選があります。昨日ランニングの途中で市議選のポスター掲示板を見つけたのでどれどれと見ていると、やっぱり尼崎は公明党と共産党の占める率がかなり高いですね。

やだねぇ。別に先に挙げた政党に限らず、政党やら親から受け継いだ支持基盤や、その他の団体からの組織票でずっと同じヤツが当選してるのって。
おもんないねん!
下降線を辿ってるなら新しいことしようや!
あんたは得するかしらんけど、あの人は苦しそうじゃないか?
目先や自分の周りのことくらいしか計れない幸せの尺度なんすかね。もっと長い目で広い範囲で幸せって考えられないんすかね。
まぁ完全な無所属・無党派だったり、組織票もあるし何度も当選してるけどちゃんと結果を出している人への意思ある投票ならええんですけどね。

あるオッサン候補のポスターを見ていて「こいつはマジでバカだな......」と失笑。「○○協会理事、△△協会会長......」なんていくつも肩書きを並べている。

で、なんなん......!?

このオッサンがどれだけ良い仕事しているかは知らないけど、そんな肩書きを並べることが効果的であると思ったのなら、有権者をナメてるとしか思えないね。私はこんなに尼崎市に貢献してますよ!っつーことなの?いや、私はこれだけ既得権益を持ってますよっつーアピールでしかないでしょ?誤解されても仕方ないよね。

え!すんなり騙される人もいんの!?
そんな偉い人なんやーって思うの!?
めっちゃ貢献してるやーんって思うの!?
ほぉ......そうなんや。

なんていろいろ書いたけど、尼崎市のサイトにも尼崎市議会のサイトにも今回の市議選の情報は一切載ってなかったりする(仮にあったとしてもこれだけ見つからないのは問題)。
どうなっとんねん、この街は!
どの街も市議選なんてそんなもんか?
ワーワー言いながら車で回ってるだけで自分の主張が伝わってる思うてるんか?
イケてないポスターに一行マニフェストを書くだけでええんか?
あとは突然家に押し掛けたり電話しまくったりして組織票を稼ぐだけか?

Fuck off!!

オバマみたいな効果的なプロモーションは難しいと思うけど、もっとあなたが政治で実現したいことを伝えましょうよ......伝える努力をしましょうよ......最低限ブログくらい持ちましょうよ......で、尼崎市もそういう場所を設けてあげてよ......僕らはどうやって判断すればいいんですか......。

ホンマ尼崎、頑張ろうぜ〜

主婦の知恵

こりゃすごい。

僕も一応ショップ畳みはできるんですけど、あれって立ってやんなきゃいけないし、素材によっては難しいんですよね。
それで、折り畳み器具「クイックプレス」でも買うかぁなんて思って調べていると、上の動画を発見。

いや〜、主婦の知恵、恐るべし!

June 2, 2009 09:10 PM

TV KILLS MY BRAIN

TV KILLS MY BRAIN

ベイ・コミュニケーションズ(通称ベイコム)という会社のケーブルテレビに加入しています。一応、『地デジ』ってやつです。

だけど、僕のテレビはもう10年以上も前に買ったテレビデオ。めちゃデカいし、VHSなのでもちろん同時録画なんてできないし、地デジっつっても絵のきれいさには限界があります。

液晶テレビやプラズマテレビもさることながら、テレビっ子な僕にとって、HDDレコーダーやブルーレイレコーダーは超魅力的です。
自動録画(スゴ録的な)や同時録画の機能って、僕にとって革新的な機能なんですよね(今でこそ当たり前だけど)。ほぼ見たい番組を逃さず録画できるわけですから。

だけどね、冷静に考えてみると、いくらおもしろい番組が少なくなったからと言っても、まだまだ観たい番組はたくさんあって(意外にも。下記参照)、フリーの身だからってそれを全部観る時間なんて全然なくて、結局機能をフル活用できないんですよね。

というか、僕みたいなタイプは機能に振り回されるんです、きっと。

VHS環境の今、観たい番組はリアルタイムで観るかVHSに録画して観るかしかなくて、もしその裏でさらに観たい番組があれば、どれかを削るしかないわけです。
また、空いているVHSテープがなかったり、予約録画の設定自体が面倒だったりもする。
でも、そうすることで観る番組の数を制限できてたんですよね、ある程度。厳選もできていた。

それが、超簡単に自動で同時に2番組も録画できたりなんかしたら、当然それを消化するには今よりテレビを観る時間を割かなきゃならない。
ダメだ、それじゃ!
テレビに飲まれる!
テレビは大好きだけど、テレビに操られたくない!
そう考えて、今まであえてVHSの環境を守ってきました。

ところが先日、ベイコムの地デジサービスに、DVD/HDD録画機能のついたサービスが登場したのを知り、悩みに悩んだ挙げ句、とうとう負けてしまいました......。申し込んでしまった......。

だって、VHSだと夜のシーンとかよくわかんないんだもーん!
だって、VHSだとアーカイブするのにかさばるんだもーん!
だって、VHSだと頭出しが面倒なんだもーん!

あぁ恐い!
テレビに飲まれる自分が恐い!

blog20090401_01.jpg
ザー......ザー......illust by Ryohei Tsuboi

ほんまヤバいっす

ここ数年観る番組が減ったなぁなんて嘆いていたのですが、それでもまだまだあるんですね、絶対チェックしてる番組や気がつきゃ観てる番組が(単純に時間ができたからってのも大きい)。

これで裏番組まで抑えることができると、もっともっと増えてまうな......ほんまヤバいっす。

レギュラー
  • やべっちF.C.
  • S1 スパサカ(ex スーパーサッカー)
  • Jリーグタイム
  • すぽると マンデーフットボール
  • 探偵!ナイトスクープ
  • にけつッ!!
  • ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!
  • ダウンタウンDX
  • 人志松本の○○な話
  • ごぶごぶ
  • アメトーーク
  • やりすぎコージー
  • あらびき団
  • ジャイケルマクソン
  • モヤモヤさまぁ〜ず
  • 堂本剛の正直しんどい
  • せやねん!
  • 吉本新喜劇
  • 爆笑!ふれあいコメディ こちらかきくけ公園前
  • 白い春
  • 医龍2
  • 時効警察
  • 爆笑問題のニッポンの教養
  • トップランナー
  • プロフェッショナル 仕事の流儀
  • 情熱大陸

サッカー番組と言えば『S1 スパサカ(ex スーパーサッカー)』だったんだけど、もうダメかもね......。
ドラマは最近あまり観ないですね。『医龍2』も『時効警察』も再放送だしね。『白い春』は超良いです。
バラエティでは、ここ1年くらい『モヤモヤさまぁ〜ず』が超お気に入りです。あと、お笑い好きにとっては意外かも知れませんが、『堂本剛の正直しんどい』が頑張ってます。単なる松ちゃんフォロワーだって?うっせー!ほとんどの芸人はダウンタウンの影響受けてるでしょ?これは仕方ないね!剛の評価すべき点はサンプリングとアウトプットのセンスなんだな。それってアイドルにとってすごく重要なポイントですよ。

サブ
  • 太田光の私が総理大臣になったら...秘書田中。
  • タモリ倶楽部
  • ノブナガ
  • ナイナイサイズ!
  • 日立 世界ふしぎ発見!
  • 鶴瓶の家族に乾杯
  • 人生の楽園
  • 住人十色
  • NNN ドキュメント'09
  • クローズアップ現代
  • 朝まで生テレビ!
  • たかじんのそこまで言って委員会
  • サンデー・ジャポン

『クローズアップ現代』や『鶴瓶の家族に乾杯』は、夕飯を食べているときに親が観ている番組です。『クローズアップ現代』の世界の時事的な問題を取り上げるセンス・スピードはさすがNHKといった感じで素晴らしいです。同じくNHKの『鶴瓶の家族に乾杯』は両親が一番好きな番組で、いざ観てみるとそれもなるほどと頷ける鶴瓶師匠のセンスと愛が溢れた番組です。あれは鶴瓶師匠だから成立している番組だな。
『渡辺篤史の建もの探訪』的なお家紹介系番組『住人十色』を観ていて、自分の小さい頃、住宅系のチラシを見るのが大好きだったことを思い出しました。今でも『大改造!!劇的ビフォーアフター』のアフターを見るのが大好きだし、もちろん『渡辺篤史の建もの探訪』も好きです(いつやってんだ?)。最高の家・部屋で暮らしたいというインドア気質は昔からあったようですね。
『人生の楽園』は、毎週一組の夫婦のセカンドライフにスポットを当てる番組です。退職後に田舎に移り住んで農業を始めたり、古民家に住み始めたり、陶芸に目覚めたり。なぜ観てしまうのか自分でもよくわからないのですが、たぶん、誰かが本当にやりたかったことをできている姿を見ていると幸せな気持ちになるんだと思います。やりたいことをやっている人の顔は素敵ですね。

お試し
  • MR.BRAIN
  • ツレがうつになりまして。

『MR.BRAIN』。キャストは超豪華なんですが、セットやCGなどの演出のセンスが微妙です。まぁまだ様子を見ましょう。
『ツレがうつになりまして。』は原田泰造の演技がナイスです。

忘れてまうねんけど、要チェック
  • 水野キングダム
  • 着信御礼!ケータイ大喜利
  • ゴッドタン
  • BS マンガ夜話

『水野キングダム』はDVDも持ってて何回も観るほど好きなんだけど、関西ではサンテレビって放送されているってことでどうしても見逃してしまいます。サンテレビの番組表をチェックする習慣がないのよね〜。一回憶えてしまうとええんやけど。

随時
  • 映画
  • MTV、スペースシャワーTV
  • 特番

映画は民放だとカットシーンが多過ぎるので、BSやCATVに限ります。
しっかし、映画の録画を溜めだすとヤバいね。時間がいくらあっても足んないねぇ。

『BECK』映画化

『BECK』が映画化されるようです。
水嶋ヒロくん主演って書いてたから、水嶋ヒロくんがコユキか〜なんて思ったら、南竜介役って書いてんじゃん!『BECK』ってコユキが主人公じゃなかったっけ!? 僕の勘違いで本当は竜介なんかな!? 水嶋ヒロくんを主演にするために設定を変えた!? いや、それやったら水嶋ヒロくんがコユキやればええか......なんて考えてたら、

原作はコユキを軸に描かれるが、映画の主人公は竜介。製作側は「青春映画、バンド映画の決定版を目指しており、竜介のもとに天才メンバーが集い成長していくストーリーになる」と説明した。水嶋ヒロがイケメンバンド結成!...を参考

ってのを見つけました。
あちゃ〜。こりゃなんか危ないぞ〜。キャストありきになってねぇかぁ!?
よりおもしろくするための設定変更ならいいんだけどねぇ。

千葉くんが桐谷健太ってのはナイス。

このアーカイブについて

このページには、2009年6月に書かれた記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年5月です。

次のアーカイブは2009年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。