MIXTAPE GENERATION: 2009年12月アーカイブ

2009年12月アーカイブ

December 31, 2009 11:30 PM

Goodbye 2009, Hello 2010

いよいよ今日で2009年が終ります。今日と明日で特別何かが変わるってわけではないけど、一応一区切りってことで、自分的2009年総括です。

毎年言ってるっぽいですが、いや〜いろいろありました。公私ともに。特に後半に固まって。

とりあえずの大きなトピックは、現在勤めている会社への就職でしょう。
フリーから会社員へ。デザイナーからディレクターへ。よくある話だけど、いざ体験すると大変なことばかりでした。
会社の先輩方や出会う同業の方々はできる人ばかり。自分の力不足、周りの方々からの多大なご尽力を改めてひしひしと感じる毎日でございました。
当然修行の道はまだまだ続きますが、自分がどこに行きたいのかを見失わないで頑張っていきたい思っております。

「仕事しかない人生だった。そう思って死ぬのはごめんだ」by 田中 邦夫 from 働きマン

「私は仕事したな〜って思って死にたい」by 松方 弘子 from 働きマン

の狭間で揺れながら。
この辺の価値観って歳取ってくるとだいぶ変わってきた気がします。いろんな事情の中でバランスをとってかないと。
それに僕らの職種はプライベートと仕事のボーダーラインを引き難いってとこもあるしね。クリエイター論としてはいろんな意見があるかと思いますが、僕はもう少し公私の切り替えができるようになりたいと思います。

そう、公私の「私」でもすごく大きな出来事がありました。
気分が落ち込むこともあるけど、こんなときこそ自分がしっかりしなきゃという思いも強くあります。 何がベストなエンディングなのかわからないけど、後悔しないように逃げずに向かい合わないと。
そういった意味でも公私の切り替えは重要な課題になってくるな。

といった感じで公私ともに2009年もいろんな方々のお世話になりました。僕みたいな人間がたまにでも笑って過ごせる時間が持てるのは皆様のおかげでございます。
2009年いろんなところで新しく出会った方々、今後とも何卒よろしくお願いします。家族(新しく親戚となった方々、これからなる方々も含めて)や長年の友人たち、引き続き来年もよろしくお願い致します。
僕一人の力では世界を平にすることなんてできませんが、せめて周りの方々が一瞬でも笑えるよう何かお力になれればと思っております。

良いお年を!

December 28, 2009 01:56 PM

パーリーデイズ

パーリーデイズ

最近は年末ということもありパーリーデイズです。財布はみるみる薄く、ボディはぶくぶく太く、楽しいことには代償がつくもんですわ。

しかーし。やっぱりお酒って素晴らしいツール。
やっぱり素面の状態よりは確実にはやく初対面やあまり面識のない人とも仲良くなれんだもん。
それに、一瞬でもいろんなことを忘れてみんなで笑うことができるしね。この歳になりゃみんな何か抱えてるもんさ。

ただ気をつけないといけないのは、ツールに振り回されたり、無意識に人を傷つけたり気分を害しないようにすること!
一緒に飲んでる仲間に対してもそうですが、周りで飲んでる他のお客さんのことも考えないとね。話したくないことも聞きたくないこともあるもんね。特に僕ら尼っ子はお下劣な話をするときは気をつけないと......反省してます。

年内のパーリーは残すとこあと1回(今判明している限りでは)。いつものメンバーもいるだろうし、新しく出会う人もいるでしょう。それらが何かおもしろいことが始まるきっかけになるといいですね。

M-1グランプリ2009

笑い飯。僕はあれで良かったと思っています。これは負け惜しみとかではなく本当に素直な気持ち。

どこぞのお笑いライターやフリーク、他の笑い飯ファンが何と言ってるか知りませんが、僕個人がめっさ気持ち良かったんやもん。
笑い飯ワールドを思う存分見せつけた『鳥人』も、ファイナルで代表作『スクールウォーズ』をチョイスするあたりも、それら全部が僕の好きな笑い飯なのです。個人的思いが多分に含まれた視点なんだろうけど、僕にはすごく潔く見えた。

で、今年がラストイヤーだったはずの笑い飯は、実は大会規定が変わったことで来年がラストイヤーということになるらしい。
最後まで挑戦してほしい気もするし、今年の散り方もカッコ良かった気がする。
さて、彼らはどうするんやろね。

ただ笑い飯が出ないとなると、やっと緊張しないで軽い気持ちでM-1を楽しむことができるよなーって。よっぽどの新星が現れない限りは。
個人的にはただ上手いだけの漫才にはあまり興味はない。オルタナティブを求む!

December 8, 2009 01:03 AM

ACHC meets KCHC

先週の土曜と日曜、半年ぶりに東の方へ行って参りました。
東京・川崎(神奈川)・柏(千葉)へと、31歳ちょいデブ、なかなか頑張りましたよ。2日目なんて完全に膝を痛めてましたから。
半年前と同様、今回も大好きすぎるバンド、Buddhistsonのスペシャルなライブが彼らの地元、KCHCの聖地、柏アライブにて行われるっつーので、東京方面まで足を運んだ次第です。

いつもブディのライブをメインに、あとは東京方面の友人たちと会うって以外はほぼ何も決めずに行くので、旅の内容としてはグダグダ。ま、それが一人で行く良さですから。
今回も例の如く、あっち行ったり、こっち行ったり、駅のベンチで休憩したり、自由気侭な旅でございました。

そんな中、偶然向かった川崎市青少年科学館のある生田緑地が非常に良かったです。
もちろんメインは科学館のメガスターだったのですが(これは素晴らしい!日本科学未来館のより全然良かった)、科学館を取り囲む緑地公園の素晴らしいこと!マジで「森」です。
ああいった緑生い茂る場所がある街って、きっと住む人の心にも良い影響があると思います。言葉では言い表せない、もっとプリミティブな反応が体に起こっている気がするのです。(同じ緑地公園内にある岡本太郎美術館も良かった!)

  • blog20091207_01.JPG
  • blog20091207_02.JPG
  • blog20091207_03.JPG
  • blog20091207_04.JPG
  • blog20091207_05.JPG
  • blog20091207_06.JPG

で、神奈川県川崎市から千葉県柏市へ。やっと来ました、柏シティ、柏アライブ(っつってもここはNew柏アライブみたいなんだけど)。
駅に着いて、予想外の賑わい(人が多い!)やビッグシティっぷりにビックリ。そして、これまた予想外の超豪雨。しかし、旅はこんなのもおもしろかったりする。
で、そこそこに濡れながらなんとか柏アライブに到着。やっぱりNew柏アライブなだけあって、想像していたよりきれいな印象。
本番までビールを飲みながら、スクリーン映し出される映像を眺めたり、iPhoneでTwitterをチェック(途中でバッテリーがなくなり、Tweetできなくてちょいヘコむ)。

そんなこんなしてると本番スタート。
全30曲(+シマさんソロでカバー1曲)、あっと言う間です。た〜っぷり頂きました。
1st『Where Are You Going To Bury The Contents Of Your Mind?』や2nd『Yes, But I'm Alive』の曲もやってくれたし、大好きな"I Couldn't Even Know That"や"On The Screen"も聴けました。特に、シマさんが砂漠でミルキーウェイを見て作ったというエピソードを聞いてからの"On The Screen"がすごく良くて、今までにも増して好きになったね(最後のキーボードのとこ、ごっつ感動的やった......)。
あとはねー、ブディのHCサイドの曲"PRESENT I CAN NOT SEE IT"や"Plank"や"Secret Coast"はやっぱりライブの方が断然カッコいいし、同様に"Dancing Walves"もライブだと10倍くらいカッコいいし、それに続く"Eyes In The Dark"でしょー、"Lovebite"や"Wisely And Slow"や"Skid Song"などのジェニファー参加曲でしょー、"Shells"や"Falling"は言わずもがな、"Falling"に続く壮大系の"FInale Song"でしょー......結局、全部良いんです!
「超良かった!」とか「素晴らしい!」とか「泣ける」とかしか書いてないっすよね!? 僕(毎度のことですが)。
文章力がないのは認めますよ!けどね、けどブディの音楽が、ライブがすごいんですよ、実際。言葉にできんのです。
(カバーも超良かった!マイラバの"いとしい毎日"はオリジナルを超えてた!"The Arctic Cat"もGloria Recordへのリスペクトが感じられるナイスアレンジ!)

また、今回はスペシャルなライブだけあってゲストもたくさんいて、いつものチェロのジュンコちゃん(from Reach Up to the Universe)とジェニファーに加え、ナベカワさん(from BANDWAGON)やハジー(from OCEANLANE)もステージに立ち、豪華なステージとなりました。

そんなお腹いっぱいのライブが終了したのは、22:30を過ぎたくらいの頃。
一晩泊めてもらうBABYSTARの家のある落合南長崎までなんやかんやで1時間30分くらいかかるので急いで帰りました。
Goodbye柏、Thanxxx Buddhistson!

帰りの常磐線、ブディを聴きながら余韻に浸っていると、前に座っていた若者(男子)がぶっ倒れて、「大丈夫ですかー!?」って声をかけたらゲロを吐くというトラブルがあったものの、なんとかBABYSTAR家に到着(若者、もう無茶な飲み方はすんなよー!)。
BABYSTARと「最近どうよ?」的な会話を交わしつつ、翌日の予定に備え早めに眠りにつきました。

  • blog20091207_07.JPG
  • blog20091207_08.JPG

日曜日はBABYSTARの撮影&作品作りのお手伝いで中目黒のスタジオへ。
スタジオに着き、「あれこの外観......この部屋......」と思い、iPhoneでスタジオ名と気になるキーワードを打ち込み検索してみると......やっぱりここや!マイ・フェイバリット映画『ニライカナイからの手紙』の主人公、風希(蒼井優)の働いていたスタジオやんかいさ〜!なんたる偶然!超アガった!
撮影は楽しく順調に進み、お手伝いの僕が言うのもなんですが、なかなかおもしろいもんができたんじゃないでしょうか!
Goodjob & Thanxxx BABYSTAR!!

blog20091207_11.JPG
コトニー by KASS1
blog20091207_12.jpg
BABYSTAR × MIXTAPE GENERATIONPhoto by BABYSTAR

BABYSTARと別れた後、中目黒から代官山をプラプラ。公園で次の予定までの時間をどう使おうかと考え、一旦新宿で不要な荷物をロッカーに預け、下北沢へ向かうことに。

  • blog20091207_09.JPG
  • blog20091207_10.JPG

今回、初下北沢だったのですが、いや〜おもろい街すね!一通り歩き回って、こんな街の作り方があるのか〜と感心しました。下北沢には活気ある街を作るヒントがいろいろある気がしました。

で、最後の予定のため新宿に戻り、前職場の方々と合流。お互いの近況を話し合ったり、それぞれの属性について熱く語り合ったり(僕はチャック・パラニュークらしい!)、楽しくお酒を飲みました(ごちそうさまでした!)。
いや〜、やっぱり濃いキャラばっかやな〜!

で、今日の早朝、無事に大阪・尼崎に帰ってきました。
やっぱり昔みたいに強行日程もへっちゃら!ってわけには行かないけど、こういうのはやっぱり楽しい。リフレッシュされるし、刺激される。
今回も向こうで会えなかった人が何人もいるし、また会いに行こう。

このアーカイブについて

このページには、2009年12月に書かれた記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年11月です。

次のアーカイブは2010年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。