MIXTAPE GENERATION: 2011年4月アーカイブ

2011年4月アーカイブ

April 26, 2011 11:15 PM

Rise Again

お伊勢さん

1か月以上前になりますが、伊勢に行って参りました。
伊勢に対して何の思い入れもありませんでしたが、ま、どうしても我々が大阪人・兵庫人が、限られた時間と予算の中でサラッと行ける場所って限られてくるでしょう?(所得にもよりますが)やっぱ近畿圏内、四国、三重くらいまでじゃね?ってことで、三重は伊勢・志摩へ向かったわけです。

幸い天気にも恵まれ、また「まわりゃんせ」という必殺技のおかげで、様々な施設や交通機関をまるっと9500円でリーズナブルに利用することができ、非常に充実した旅となりました。

やっぱり足を踏み入れた土地って、たとえそれほど興味がなかった土地だとしても、ちゃんと自分の中に残るものがありますね。

またどこか行きましょう。

blog110426_01.jpg
伊勢神宮、厳かな雰囲気醸し出しちゃってます
blog110426_02.jpg
それはそうと、よくこの水飲めるくらいキレイで〜とか言うけど、実際なんかいろいろ浮いてて飲めないよね
blog110426_03.jpg
モッシュモッシュモッシュ
blog110426_04.jpg
思ってたよりリアス式でしたわ
photo110416_01.jpg
エスパーニャクルーズの途中に立ち寄る、真珠の核入れ作業見学の作業してる女性は必見です
blog110426_05.jpg
今期のガンバのユニフォームと同じカラーリングです。だからコイツ好き
photo110416_05.jpg
鳥羽水族館のスナメリの愛想の良さがハンパないです。こういう女子が恐いんですよ

Turning Back

やっとだ、やっと。
本当に、本当に。
今度こそ、今度こそ。

まだ、何も始まってないけど、個人的な思い入れが思いっきり入っていることもわかってる。自分でもバカげてると思うけど、この写真だけで、もしかしたらこの国がどうにかなるのかもしれない。本当にそう思えてくる。

お前ら、たまに思い出すくらいだったり、今になって騒いじゃったりしてるけど、俺はずっと想っていたし、信じてたし、待ってたんだ......って僕みたいに思ってる人、全国・全世界に何十万人とおるよね。

僕みたいに、彼らのことを毎日毎日想い続けたやつらはもちろん、今回の件であの頃を思い出して熱くなってるやつらも、彼らのことを活動休止後に知ったやつらも、今から彼らに魅了されるやつらも、みんなでモッシュしような。

Yes, I still believe! Wait for the sun!

Owly Images

April 3, 2011 09:55 PM

必死のパッチ

あらま。とうとう3月は何も書かなかったんですね。

おわりとはじまりの季節です。
やはり僕の周りでも、新たな道を歩んでいくことになった人たちがいます。
あまり深く関われなかった人も、深く関わったつもりでもうまく力になれなかった人もいますが、どうか、皆さんの夢や目標へと続く新しい道を無事に見つけ、進み続けてくれることを祈っています。ホンマに。

とかいって、わたくし、まぁまぁドライな人間ですから、目下、自分の新しいシーズンについて頭を悩ます毎日でございます。
まだまだ、スキルも、経験も、成果も、人徳も、お金も全く足りておりません。
やりたいこともあるし、与えないといけないHappyもあるし、返さないといけない恩もあるし、いつか淘汰されるんじゃないかっていう焦りもかなりある。

マジ、必死ですよ、32歳の春も。

スタート!って感じ。 Boom! by MAIA HIRASAWA

「必ず元に戻る!」だとか「希望を持って!」なんて簡単には言えないけど、そう思うことやその思いを胸に何か行動を起こすことは、カッコつけでも、自分探しでも、偽善でも、優越感でも、対岸の火事でもなくって、社会性を備え持つ人間という生物の根源的な欲求に近いものだと感じています。(それは自分がある程度充足している状態だからこそ引き出すことのできる、気づくことのできる欲求なのかもしれませんが)

よく聞くフレーズだけども、人の人生は、ドラマや映画みたいにハッピーエンドやバッドエンドで幕を閉じるのではなく、メディアが取り上げなくなった後もずっと続くから。
ブームで終るのではなく、長く、根気強く。

もともと好きな曲だったけど、3.11直後、なぜかこの曲を何度も聴いたよ

このアーカイブについて

このページには、2011年4月に書かれた記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年2月です。

次のアーカイブは2011年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。