Go - MIXTAPE GENERATION

« パイセン業はむつかしい | Home

July 25, 2016 11:43 AM

Go

「ステレオタイプなことはしたくない」 、というアティテュードはステレオタイプだと思う。「ステレオタイプ」 に依拠する、相対的なアティテュードや価値観だから。

ステレオタイプでいたいわけでもいたくないわけでもない。ただ、受け取った時点で付与されている価値をそのまま受け取るのではなく、自分で一つ一つ考えて価値を見極めたい。
その結果が、世の中のステレオタイプという範疇に含まれることであろうかがなかろうが、どちらでも構わない。

自分で決めたい、とはいうものの、他者や世の中の影響を受けたり、信頼できる人の思考を借りるのはアリだと思っている。
自分の脳のスペックでは、全部のことを処理するには時間が足りないし、ナレッジを共有し合って生きるからこそ、世界の文明や思想が発達してきたわけだから。

そんなこんなで、とにかく、まずは自分の考え一つ一つを疑うようにしている。

  • 折り紙はぐちゃぐちゃにしちゃいけないのか?
  • ランドセルでしか一般的にいわれれているランドセルの効果を果たせないのか?
  • こどもはスマホでばっか遊んじゃいけないのか?
  • なぜadidasが良いと思うんだろうか?
  • なぜニトリよりMUJIがいいと感じているんだろうか?

時間の許す限り考えている。考えなきゃ気が済まない。父親譲りの面倒くさい人間になってしまった。

だけど、こどもたちには、やっぱり考える人になってほしい。環境や状況に左右されない絶対的な価値観を自分の中に作ってほしい。「良し悪し」や「勝ち負け」 を、自分の中に(も)作れる人になってほしい。

(も)、と書くのは、自分のメジャー(=価値観)だけを持っておけばいいのではなく、世の中一般的に使われるメジャーもちゃんと持っておいてほしいと思うから。
実際には「一般人」なんて人はいなくて、100人いれば100人の価値観があるわけだけど、正確ではないにせよ、あることに対する価値観の統計的なおおまかな分布具合を感じておけることは大事だと思っている。

人は社会性を持った生き物。基本的には社会やチームの中で生きていく生き物。一般的なメジャーを持っていないと、孤立してしまう可能性が高くなる。共感されない、協力が得られない、誰もついてこない、ということはなかなか深刻な問題だ。 (圧倒的なスキルや金、人徳、カリスマ性などがある場合は例外だけど)

一般的なメジャーを持つためには、他者や他の世界に対してリスペクトを持つこと。オープンでいること。年齢やヒエラルキーや性別や国籍に関係なく。
上から目線じゃいけない。
最低限の礼儀がないといけない。
自分が知らないことを笑っちゃいけない。

さぁ『ポケモンGo』、やってみますか。

コメントする

この記事について

このページは、Koji Sueyoshiが2016年7月25日 11:43に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「パイセン業はむつかしい」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。